[SPI・数学]対策問題(図表)~割合~

2018年6月28日

パソコンとグラフ

SPI割合を扱う問題になります。具体的な数値ではなく割合(%)で表に入力されていることに注意しましょう。

例題1

問題1

\(4\)種類の製品A、B、C、Dに使われる材料o、p、q、r、sの重量百分率は次の通りである。

ABCD
o18.59.215.39.9
p25.644.67.2
q7.241.610.231.4
r34.02.912.820.2
s14.732.917.131.3
合計(%)100100100100

製品Bにおける材料pの重量百分率はいくらか。

%

解説(クリックで展開)

解答(クリックで展開)

問題2

\(4\)種類の製品A、B、C、Dに使われる材料o、p、q、r、sの重量百分率は次の通りである。

ABCD
o18.59.215.39.9
p25.644.67.2
q7.241.610.231.4
r34.02.912.820.2
s14.732.917.131.3
合計(%)100100100100

製品Cについて、材料pを除いた残りの材料から改めて重量百分率を求める。このときの材料oの重量百分率はいくらか、小数第一位を四捨五入し整数で求めよ。

%

解説(クリックで展開)

解答(クリックで展開)

問題3

\(4\)種類の製品A、B、C、Dに使われる材料o、p、q、r、sの重量百分率は次の通りである。

ABCD
o18.59.215.39.9
p25.644.67.2
q7.241.610.231.4
r34.02.912.820.2
s14.732.917.131.3
合計(%)100100100100

製品Dを\(500\)g作った。

このとき製品に掛かった材料rの原価はいくらか。小数第一位を四捨五入し整数で答えよ。

ただし材料rは\(1\)gあたり\(5\)円とし、製造過程において仕損、減損は一切無かったものとする。



解説(クリックで展開)

解答(クリックで展開)

ADVICE

百分率や割合では全体を\(100\)%もしくは\(1\)として見ますが、何をそもそもの全体として見るかを理解できれば、どのように式を立てればよいかがすぐに分かります。

スポンサーリンク








↓↓↓コスパ最強!筆者イチオシの通信講座↓↓↓
オンライン資格講座 スタディング
詳細はコチラ

SPI-数学

Posted by TS