[SPI・数学]対策問題(組み合わせ)~積の法則~

2018年6月29日

パソコンとグラフ

SPI組み合わせ問題における積の法則を使う問題は、与えられた要素を基に、いくつの組み合わせがあるかを積(掛け算)によって求めます。

例題1

問題1

\(2\)、\(3\)、\(5\)、\(7\)の四つの数字を用いて\(3\)桁の数を作りたい。ただし、同じ数字を何回用いても良いものとする。

いずれの位にも\(3\)が入っていない数は何通りあるか。

通り

解説(クリックで展開)

解説(クリックで展開)

問題2

\(0\)、\(2\)、\(3\)、\(5\)の四つの数字を用いて\(3\)桁の数を作りたい。ただし、同じ数字を何回用いても良いものとする。

これらの数値を用いて作ることのできる\(3\)桁の数は何通りあるか。

通り

解説(クリックで展開)

解説(クリックで展開)

問題3

\(2\)、\(3\)、\(5\)、\(7\)の四つの数字を用いて\(3\)桁の数を作りたい。ただし、同じ数字は一度しか用いてはいけないものとする。

これらの数値を用いて作ることのできる\(3\)桁の数は何通りあるか。

通り

解説(クリックで展開)

解説(クリックで展開)

ADVICE

問題文の条件によって計算方法も変わってくるので、急ぐあまり条件を見逃してしまわないように注意しましょう。

システムのアンケート

学習ページにおいて、当サイトでは任意の箇所にメモを残せる機能を搭載しております。

そちらのメモ機能に関して、アンケートをお願いいたします。

該当システムは直感的に使いやすかったですか?

View Results

Loading ... Loading ...

該当システムは学習の理解度に貢献しましたか?

View Results

Loading ... Loading ...

該当システムはユーザ間での情報共有に役立つと思いますか?

View Results

Loading ... Loading ...

アンケートは以上になります。ありがとうございます。

スポンサーリンク








SPI-数学

Posted by TS