[SPI・数学]対策問題(組み合わせ)~組み合わせの公式~

2019年11月9日

↓↓↓コスパ最強!筆者イチオシの通信講座↓↓↓
オンライン資格講座 スタディング
詳細はコチラ

SPIにおいて、組み合わせの公式を使う問題は主に、選ぶ順番を気にしないときに用います。早速問題を見てみましょう。

例題1

問題1

\(5\)種類のりんご(ふじ、つがる、王林、紅玉、陸奥)と\(4\)種類のみかん(愛媛、温州、伊予柑、はるみ)の合計\(9\)種類の果物が各\(1\)個ずつ売られている。この中からあわせて\(4\)つ買って帰りたい。

りんごを\(3\)個、みかんを\(1\)個となるように選ぶと、その選び方は何通りあるか。

通り

解説(クリックで展開)

解答(クリックで展開)

ADVICE

組み合わせの公式に関する問題はよく出題さるので、公式は覚えてしまいましょう。また、どのようなときに組み合わせの公式を用いるべきかを見極める練習をしましょう。

スポンサーリンク








SPI-数学

Posted by TS