[FP3級]株式の基本[無料講座]

2020年8月17日

お金

今回はFP3級で問われる株式の基本について学習します。

ぷりん
ぷりん
投資と言うと債券よりも株が思い浮かぶでちゅ
キュー
キュー
株式ももちろん取り扱うで!
チョロ
チョロ
簿記ではこれも発行する側メインだから投資側の視点から見てみたいでチュ!

株式とは

株式は企業(株式会社)が資金調達するために発行する証券になります。

株主の権利

株式を購入した人を株主と言います。株主には以下のような権利があります。

  • 議決権・・・会社の経営に参加する権利
  • 剰余金分配請求権・・・会社が獲得した利益の分配を受ける権利
  • 残余財産分配請求権・・・会社が解散した場合に、持ち株数に応じて残った財産の分配を受ける権利

単元株

株式の取引単位の事を単元株と呼び、原則株式の売買は単元株の整数倍で行われます。

キュー
キュー
例えば100株単位やったら100株、200株、300株・・・で売買できるってことやな
チョロ
チョロ
250株とか中途半端には買えないってことでチュね

ただし、単元未満でも売買する方法として株式累積投資株式ミニ投資があります。

株式累積投資

株式累積投資は毎月一定額ずつ積立方式で購入する方法です。

一定額ずつ購入する方法をドル・コスト平均法と呼びます。

株式ミニ投資

1単元の10分の1単位で売買する方法です。

証券取引所

株式は通常、証券取引所を通して売買されます。

国内における証券取引所は東京や名古屋等の都市圏にあり、それぞれ東証、名証などと呼ばれます。

それぞれの市場に一部二部があり、東証においてはさらに新興企業を対象としたマザーズJASDAQがあります。

チョロ
チョロ
それぞれ何が違うでチュか?
キュー
キュー
時価総額とか株主数で変わってくる感じやな。詳しいカテゴリ分けは試験では問われんから、気になるなら市場の違いについて解説してるページを読んでみるとええで

株式欄の見方

FP3級では特に実技などで各株価を読み取る問題が出題されます。

東京第一部
銘柄※1 始値※2 高値※3 安値※4 終値※5 前日比※6 売買高※7
サービス
ABC 180 186 174 178 △8 154.4
  1. 会社の銘柄を記入します。
  2. その日の最初の株価を指します。
  3. その日の最も高い株価を指します。
  4. その日の最も安い株価を指します。
  5. その日の最後の株価を指します。
  6. 前日の終値との比較になります。高い場合は△、低い場合は▲で記載します。
  7. その日に取引された株数を千株単位で記載します。

ローソク足

株価の動きを表しいたチャートをローソク足と呼びます。

ローソク足には始値よりも終値が高かった場合の陽線と、始値よりも終値が安かった場合の陰線があります。

スポンサーリンク

株式の基本・例題

実際に例題を解いて問題に慣れていきましょう。

問題

問1

株式ミニ投資と呼ばれる取引は、証券取引所の定める1売買単位の()の単位(単元株制度採用銘柄に限る)からその整数倍(単元株未満)で買い付けることができる。(2009年/5月)

1 5分の1
2 10分の1
3 100分の1

問2

東京証券取引所には、いわゆる新興企業を対象とした市場として()がある。(2009年/1月)

1 ヘラクレス
2 マザーズ
3 アンビシャス

解説(クリックで展開)

株式の基本・まとめ

今回は株式の基本ついて学習しました。

株式欄については新聞によっても異なることがあるので、過去問や新聞を読んで違いを把握しつつ慣れていきましょう。

カズ
カズ
始値、終値、高値、安値は覚えておこう!

次回は株式取引について学習します。


スポンサーリンク








独学講義, FP3級

Posted by TS