[FP3級]株式指標(投資指標)[無料講座]

2020年8月17日

今回はFP3級株式指標(投資指標)について学習します。

キュー
キュー
投資するときは相場全体の指標だけやなくて個別銘柄の指標も見ておかんとアカンで
ぷりん
ぷりん
具体的にどんな指標があるか見たいでちゅ!

株式指標(投資指標)

株式投資を行う時に判断基準としては以下のようなものがあります。

EPS(1株あたりの純利益)

EPS(Earning Per Share)は1株あたりの純利益になります。税引後当期純利益を発行済み株式数で割ることで求めることが出来ます。

\[EPS=\frac{税引後当期純利益}{発行済株式数}\]

PER(株価収益率)

PER(Price Earning Ratio)は株価が「1株あたりの純利益(EPS)」の何倍になっているかを見る指標になります。

\[PER=\frac{株価}{1株あたりの純利益(EPS)}\]

PERが低い銘柄は割、高い銘柄は割と言えます。

キュー
キュー
例えば株価が1株450円、税引後当期純利益が30億円、発行済み株式数が2億株の場合、EPSとPERはそれぞれ以下の様に求めれば良いで

\(EPS=\frac{30億円}{2億株}=15円\)

\(PER=\frac{450円}{EPS(15円)}=30倍\)

BPS(1株あたりの純資産)

BPS(Book-value Per Share)は1株あたりの純資産になります。純資産を発行済み株式数で割ることで求めることが出来ます。

\[EPS(円)=\frac{純資産}{発行済株式数}\]

PBR(株価純資産倍率)

PBR(Price Book-value Ratio)は株価が「1株あたりの純資産(BPS)」の何倍になっているかを見る指標になります。

\[BPR(倍)=\frac{株価}{1株あたりの純資産(BPS)}\]

PBRが1倍の場合その会社の株価が解散価値と同じであり、1倍に近いほど銘柄は割、1倍より高いほど銘柄は割と言えます。

カズ
カズ
例えば、株価が1株50円、純資産が10億円、発行済み株式数が1億株の場合、BPSとPBRは次の様に求めるよ!

\(BPS(円)=\frac{10億円}{1億株}=10円\)

\(PBR(倍)=\frac{50円}{BPS(10円)}=5倍\)

ROE(自己資本利益率)

ROE(Return On Equity)は株主が出資した資金を基にどれだけ利益を上げられたか見る指標です。

\[ROE(\%)=\frac{税引後当期純利益}{自己資本(純資産)}×100\]

配当利回り

配当利回りは投資額(株価)に対する配当金の割合を表します。

\[配当利回り(\%)=\frac{1株あたり配当金}{株価}\]

配当性向

配当性向は純利益に対する配当金の割合いです。

\[配当性向(\%)=\frac{配当金総額}{税引後当期純利益}\]

自己資本比率

自己資本比率は総資産(負債+純資産)に対する、株主が出資した返済不要のお金(純資産)の割合となります。

\[自己資本比率(\%)=\frac{自己資本}{総資産}\]

スポンサーリンク

株式指標(投資指標)・例題

実際に例題を解いて問題に慣れていきましょう。

問題

問1

株式の投資指標のうち、PBRは「株価÷(①)」、PERは「株価÷(②)」の算式によって求められる。(2019年/1月)

1 ① 1株当たり純利益 ② 1株当たり純資産
2 ① 1株当たり純資産 ② 1株当たり純利益
3 ① 1株当たり純資産 ② 1株当たり配当金

問2

下記の<X社のデータ>に基づいて計算したX社株式の株価収益率(PER)は(①)、配当利回りは(②)である。(2020年/1月)

X社のデータ
株価 800円
1株あたり配当金 30円
1株あたり純利益 50円
1株あたり純資産 400円

1 ① 16倍 ② 3.75%
2 ① 8倍 ② 6.25%
3 ① 4倍 ② 10%

問3

株式投資に関する評価指標の1つである配当性向は、株価に対する1株当たりの配当金の割合を示す指標である。(2018年/1月)


×

解説(クリックで展開)

株式指標(投資指標)・まとめ

今回は株式指標(投資指標)について学習しました。

それぞれの指標の求め方はよく問われるのでしっかりと覚えておきましょう。

カズ
カズ
アルファベット3文字が覚えにくかったら英単語で覚えた方が楽かも!

次回は投資信託の基本について学習します。


スポンサーリンク