[宅地建物取引士]効率よく学習できる通信講座やスクールを比較!おすすめはどれ??

2019年8月20日

スポンサーリンク




宅地建物取引士、いわゆる宅建士は毎年合格率15%前後の狭き門でちょっとやそっとの勉強では合格しづらい試験と言っても過言でありません。

中には独学したいけどなかなか時間が取れない、モチベーションが続かない、勉強の仕方がわからない・・・そういった理由とともに諦めていった受験者も多く見てきました。

そんな方に選択肢の一つとして知って頂きたいのが通信講座スクールといった講義形式の学習方法です。

どのような講義スタイルがおすすめなのか、どういった点を軸に選べば良いのかなどを掘り下げて書いていくので迷っている方は参考にしていただければと思います。

通信講座やスクールを利用することで・・・

通信講座やスクールはそれなりの対価を払うことになりますが、得られるものも大きいです。

実際に筆者も独学で無理と感じた資格に関しては積極的に通信講座を利用していますが、そこで得られたメリット、逆に感じたデメリットなどをまとめて行こうと思います。

メリット

最初にメリットから書いていきます。

モチベーションの継続につながる

宅建くらいのレベルの資格になると範囲が広くなり、参考書も分厚くなってくるため試験範囲を学習しきれずに挫折してしまったり当日までに間に合わなかったりといった状況が起こりやすいです。

通信講座やスクールではそうならないよう、あらかじめ学習者を考慮してスケジュールが組まれており、カリキュラム通りに学習していけば範囲を網羅出来て試験に間に合わせることができるようになっているためスケジュール管理の手間も省け、正しい時間配分で勉強できるようになっています。

曖昧な理解を防止する

独学で最も危険なのが自分なりの解釈をしてしまうことです。

その解釈が正しければ良いのですが、万が一誤った知識のまま定着してしまうと本番で痛い目を見ることは火を見るよりも明らかですよね。

しかしスクールでベテランの講師から正しい知識をインプットされ続ければそういった事態に陥らず、万が一わからないところが出てきてしまってもすぐに質問できるため曖昧な理解のまま試験に臨むといった事態を避けることが可能です。

比較的短時間で取得可能

講師陣は何年にも渡って多くの受講生を指導し合格に繋げてきたいわゆるプロの集団です。

毎回の出題傾向を分析し、どの箇所が特に問われやすいのか、また、どの箇所が受験生が躓きやすいかも熟知しているため要点を抑えたわかりやすく効率の良い学習ができる講義を展開してくれます。

デメリット

もちろん、通信講座やスクールに通う場合メリットだけではなくデメリットもいくつか存在します。その点も加味したうえで独学にするのか、通学等にするのかを決めていきましょう。

費用が掛かる

宅建は人気資格なだけあり難易度もそこそこ高いので数万~十数万する講義がザラです。

そのため独学の場合と比較すると10~20倍費用がかかる事前提なので時間はあるけどお金がない、といった場合は受講するのではなく最初に独学から触れてみても良いかもしれませんね。

落ちた場合のリカバリが効かないことも・・・

大抵の通信講座やスクールは受講できる期間が1年間の場合がほとんどで万が一不合格だった場合は次年度は再受講といった形でお金がかかる事もあります。

再受講の場合は割引があるところも多いのですが、それでも出費としては痛いので受けるからには1発で受かる心意気で受けるか、どうしても自信が持てない場合は合格保証(合格するまで何回でも受講できる)や数年間受け続けられるスクールもあるのでそちらを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

講座・スクール選びのポイント

この次の項目で実際に宅建の講座を取り扱っているスクールを紹介していきますが、どれも長所と短所があります。

受講者によって選ぶべきポイントも変わってくるので、特にどういった点を重要視したら良いのかを書いていこうと思います。

自分のスタイルに合った講義を受講しよう

講義のスタイルとしては普通に学校に通うような通学スタイルや、Web上で講義を受けるオンラインスタイル、さらにはDVDで自宅学習を行うようなスタイルもありそれぞれに長所短所があります。

通学スタイルでしたらリアルタイムで質問することができる一方、通学にかかる時間や交通費が発生するといったデメリットがありますし、オンラインスタイルであれば場所は取らない一方質問してから返答をもらうまでに時間がかかってしまうといった点が挙げられます。

このように良い点、悪い点も考慮したうえで自分に合うのはどれかを改めて考えてみると後悔しないはずです!

キャンペーン情報は見逃すな

中には申し込むタイミングによって数万円の割安価格で受講できる場合もあります。もともと講義の値段は安くない分10~20%引きでもかなりお得になり、その分を別のことに回せるようになるので絶対に確認するようにしましょう。

申し込んでしまった後でそういった情報を見て損をしたと感じるとそれが間接的にモチベーションの低下につながってしまうこともあります。

資料請求できる場合は絶対に!

今回紹介する講座の中には資料請求ができるものもあります。

資料請求をすることで詳しいカリキュラムだったり、前述のキャンペーン情報だったりを入手可能になるので絶対にするようにしましょう。

このサイトを含め他のサイトのどこの情報よりもそれぞれのスクールが出す一次情報の方が正確で速いです。

各講座の比較

それでは実際に通信講座の比較に入っていきましょう。

開講している講座が多い分迷いがちですが、各スクールの良い点悪い点も書いていくので判断材料としていただければ幸いです。

資格スクエア

講座名 未来問合格パック
講座内容
インプット講座(約50時間)
アウトプット講座(約40時間)
直前対策講座(約10時間)
未来問(2回分)(問題・解答・解説)
視聴期限 毎年10月末
価格 69,800円(税込)
教材 オリジナルレジュメ
オリジナルテキスト

資格スクエアの最も強い点はオンライン学習による超効率学習という点です。

通常の通学スタイルの場合実際に講師の話を聞いていて、分からないところがあってゆっくり聞き返したいと感じた場合や逆に遅いと感じた時もペースを変えることはできません。

しかしオンラインの場合数十秒戻ったり飛ばしたり、スピードを1.2倍速にしたり0.8倍速にしたりとペースを個々人に合わせて調整可能です。

しかも加えて価格が安く、他の予備校だと10万円超えも多い中でこの価格は非常に良心的だといえますね。

AIが予想されたとされる宅建士の未来問(要するに予想問題)も魅力的です。

AIが予測した宅建士試験問題、『未来問』無料プレゼント中 | 資格スクエア

ForeSight

講座名 宅建スピード合格講座 試験対策
講座内容
基礎講座
過去問講座
視聴期限 試験前日
価格 44,800+44,800円(税込)
教材 テキスト5冊
過去問講座DVD
合格カード
宅建マンガ
eラーニング等

ForeSightの宅建スピード合格講座は宅建の試験に必要なインプットとアウトプットを一通りカバーしており、初学者でも経験者でも問題なく取っかかれるスタンダードなプランとなっており、教材から問題、解説の質がかなり高いためForeSight受講者の合格率は70%越えと驚異の値をたたき出しています。全国平均合格率が大体15%の点を考えると驚異的な数値ですね。

更にもう一つ朗報があり、バリューセット2と呼ばれる上記のコースに+20,000円で受講できるコースがあるのですが、クーポン利用することにより70,000円弱で受講。加えて万が一不合格なら受講料を全額返金といったとんでもないコースも用意されています。

頑張っても駄目でお金も時間も無駄にした・・・といった最悪の事態を避けられるのでこれは利用しない手はないですよね!

2018年度の合格率は全国平均の4.54倍!短期間で宅建に合格できる話題の勉強法とは?

ForeSightに関して、さらに詳しく知りたい!という方は下記記事も併せてご覧ください!

クレアール

講座名 完全合格パーフェクトコース
完全合格サクセスコース
宅建超短期全力投球コース 等
講座内容 宅建士入門講座
基本講座
実力アップ演習講座
法改正講座
公開模試試験
重要論点 等(完全合格パーフェクトコースの場合)
視聴期限 試験前日
価格 62,800円(税込・完全合格パーフェクトコースの場合)
教材 「オールインワン教材」
特典 合格した場合 お祝い金[8,000円]

資格★合格 クレアールの勉強方法としては非常識合格法と呼ばれる手法を取っており、学習範囲を「合格必要得点範囲」に絞っているため、合格点のクリアを目指す学習方法になります。

受験生の大半が解けるであろう問題は確実に得点し、多くの人が解けない問題は捨てる判断力を養うので効率よく学習することを目指しています。

また、マルチデバイス対応のためPCであればwindowsであろうとmacであろうと関係なく、スマホであってもiPhoneだろうとAndroidだろうと問題なく学習できるので仕事の休憩時間や通勤通学中、カフェ等どこでも勉強できる点も嬉しいですね!

クレアール宅建アカデミー

資格の大原

講座名 Web通信コース
DVD通信コース
資料通信コース 等
講座内容 宅建業法・・・10回
権利関係・・・13回
法令関係・・・9回
視聴期限 試験前日
価格 120,000円~(税込・速修コースの場合)
教材 テキスト
トレーニング問題集
定例試験(採点付)

資格の大手塾と言ったら資格の大原が挙げられるのではないでしょうか。

毎年の受講者数もダントツで高く、経験豊富な講師陣、手厚い採点付の模試試験、自主室や教室開放により学習環境の整備等いたせりつくせりで他の講座やスクールより高い分それに見合った価値があるといえるスクールです。

加えて受講形式も豊富で、大きく分けてWeb通信、DVD、資料による学習の3つに分かれますがさらにそのコースの中でも短期決戦で行くのか長期的に学習するのかといった多くのパターンがあるので様々なスタイルの受講者さんが多いのも特徴です。

講師の講義レベルやサポートに関しても相当高レベルで流石の一言です。

宅建講座【資格の大原】

筆者は簿記関連で大原を受講しましたが、その時の記事があります。大原がどのような学校なのか気になる方は一度目を通してみて下さい!

U-can

ユーキャンは要点を絞りこんで必要最小限の要点をピックアップし、合格に必要なことだけを徹底的に追及しています。

そのためテキストもかなり薄く、市販の参考書の1/3程度しかありません。

それでいて分かりやすく要点を上手にまとめているので学習すべきところが一目瞭然で学習しやすくなっています。

ユーキャンの宅地建物取引士(宅建)講座

AVIVA

講座名 宅建士 ForYou合格コース
講座内容 短期合格セミナー1回
基本講座39講座
WEBテキスト
スマート問題42回
セレクト問題38回
12年分テーマ48回
視聴期限 毎年10月31日まで
価格 120,000円~(税込)
教材 テキスト4冊
問題集4冊
模擬試験7回

AVIVAの講座、宅建士 ForYou合格コースの特徴としては個々人に対して弱点を分析したオーダーメイドの答案練習ができることで、苦手を徹底的につぶせるといった強みがあります。

さらにはネバギバ(nevergive up)の特徴としてわからないところはわかるまで質問可能で、学習進捗管理もキャリアナビゲーターの方が懇切丁寧に対応してくれるため挫折率もかなり低くなっています

STUDYing

講座名 スタディング 宅建士講座
講座内容 短期合格セミナー1回
基本講座39講座
WEBテキスト
スマート問題42回
セレクト問題38回
12年分テーマ48回
視聴期限 毎年10月31日まで
価格 18,500円(税込)
教材 テキスト4冊
特典 合格した場合 お祝い金[8,000円]

最近CMやYoutubeの広告でも良く見るようになってきたSTUDYingですが、こちらの魅力は短期間で合格した受験者の勉強法を徹底的に分析・研究し、より短い時間で低価格で合格できるように開発された試験対策講座になります。

忙しい方でも継続しやすい量と環境にこだわっており、スマホやタブレット、PC等あらゆる環境に対応しているのでどの環境でも勉強できて嬉しいですね!

現在なんと、無料で初回講義と問題集、過去問を体験できるので一度試してみて頂きたく思います!

スマホで学べるスタディング

筆者イチオシの講座について

様々なコースを紹介させていただきましたが、資料請求をしてもわからなかった、結局どれがいいかわからない。なんて方も多いと思います。

そこでどうしても選びきれないという方に向けて筆者が実際にお世話になった講座をご紹介します。

STUDYingがおすすめ

オススメの通信講座はズバリ、STUDYingになります。

ForeSightも非常に魅力的で最後まで迷いましたが、STUDYingを推す理由は具体的には以下の3つのポイントです。

スキマ時間で勉強できる

受講形式がスマホやPC等、場所を選ばないためどこでも学習することが可能です。そのため地下鉄などで数分間移動する際にも受講することが可能で、非常に勉強がはかどります。

特に社会人の方で1分1秒が惜しい方にはあっている受講形式だと思います。

短い時間で勉強できる

スタディングの講義形式としては先述の通り短期間で合格した人の勉強法をとことん参考にしており、どのように勉強すればよいかといった勉強法についてまで学ぶことができます。

そのため通常の期間よりも短い時間で合格する方が多くなっています。

安い

価格表のところでもご覧いただけたかと思いますが、宅建の中でも群を抜いて安く、下手したら一番高いスクールの1/10くらいの価格です。

その価格帯だと少し不安になるかもしれませんがご安心ください。実際に筆者も別資格ではありますが、受講したところクオリティは非常に高かったのでご安心ください。

今なら10%OFF

元々安いSTUDYingですが、今なら受講料がさらに10%OFFといった超破格設定になっています。

ここまで安いとチャンスとしか言えませんよね。

本来10万円ほどする講義を1万数千円で受講できてしまうので、これを機に合格してしまいましょう!!

宅建

STUDYingに関して実際に受講して記事を書いたので、さらに詳しい内容を知りたい方は以下記事をご覧ください。

受講をする上での注意点

いざ受講する講座やスクールが決まったところで少し注意点やアドバイスについても触れておきます。

受講しただけで安心しない

テキストをそろえたり受講を申し込んで合格した気になって勉強しなくなる方もちょくちょくいらっしゃいます。

講座を受講すると独学に比べて優位に立てることに変わりはありませんが、勉強量自体が圧倒的に低いとまず勝てません

ウサギと亀にならないよう、受講したからこそ落とせないといったくらいの意気込みと緊張感をもって試験に挑みましょう。

挫折しそうでも最後までやり抜く

スクールでも通信講座でも宅建の場合平均して10万近くかかるので安い買い物ではありません。

途中で勉強に飽きて投げ出してしまうとその時間と費用が完全に無駄になってしまうので合格まで決してあきらめないように頑張りましょう。

宅建で学ぶ知識は実際に企業や私生活で使えるような知識も多いです。やり抜くだけでも人生において役に立つ知識が得られるので今後の生活のためにもすべて学びつくす勢いで吸収しましょう!

競い合う人を見つけよう!

勉強は孤独な作業でもくもくと進めるのが一般的と言われていますが、それが逆にモチベーション維持の枷となってしまうこともあります。

そんな時に一緒に資格を受けるライバルなどがいると闘争心が生まれ継続するモチベーションにつながります。

同じ資格を目指している人を見つけるアプリにSTUDY PLUSと呼ばれるものがあるのでぜひ活用してみて下さい!

Studyplus
Studyplus
開発元:Studyplus Inc.
無料
posted withアプリーチ

本アプリの使い方は下記記事をご覧ください。

まとめ

今回は宅建士を取り扱うスクールや通信講座の紹介とその中でもおすすめできるSTUDYingの詳細情報、アドバイスや注意点を紹介させていただきました!

この記事を読んで講座選びのお役に立てたのなら嬉しく思います。

スポンサーリンク