[SPI・数学]対策問題(確率)~組み合わせ~

  • 2018.07.02
  • SPI
[SPI・数学]対策問題(確率)~組み合わせ~

SPIにおける組み合わせの公式を用いて確率を求める問題です。

求める場合の数と、すべての場合の数をそれぞれ求め、分数の分子に前者を、分母に後者を当てはめることで確率が求められます。

例題1

問題1

A、Bそれぞれに当てはまる数値を求めよ。

\(9\)本のくじがあり、このうちの\(2\)本が当たりであるという。\(4\)人が順にくじを引き、一度引いたくじは戻さないものとする。\(4\)人とも当たりを引かない確率は[A]/[B]である。約分した分数で答えなさい。

A=

B=

解説(クリックで展開)

解答(クリックで展開)

ADVICE

組み合わせの問題では正しく組み合わせの公式を使える事が前提となります。今まで何度も出てきた公式で、重要度も高いのでしっかりと覚えてしまいましょう。

例題2

問題1

A、Bそれぞれに当てはまる数値を求めよ。

袋の中に赤い玉が\(4\)個、青い玉が\(3\)個入っており、赤い玉にはそれぞれ\(1\)、\(2\)、\(3\)、\(4\)と、青い玉にはそれぞれ\(2\)、\(4\)、\(6\)と書かれている。

ここから無作為に\(3\)個の玉を取り出し、[赤の玉に書かれた数の合計]-[青の玉に書かれた数の合計]を得点とする。

一度取り出した玉は戻さないこととしたときに、得点がマイナスになる確率は[A]/[B]である。約分した分数で答えなさい。

A=

B=

解説(クリックで展開)

解答(クリックで展開)

ADVICE

今回は細かな事象に分けて場合分けを行いました。
このように何度も場合分けを必要とする問題も出題されるので、問題ごとにどの程度まで細かく事象を分けるべきか判断できるように練習しましょう。

他のSPI問題や面接対策には以下のアプリがおすすめです! 無料で効率よく学べるのでぜひ試してみてください!
SPI問題・面接対策-Start就活
SPI問題・面接対策-Start就活
開発元:IKT HOLDINGS INC.
無料
posted withアプリーチ

問題集トップへ

SPIカテゴリの最新記事