簿記の通信講座を徹底比較!オススメはどれ!?

2019年8月20日

↓↓↓コスパ最強!筆者イチオシの通信講座↓↓↓
オンライン資格講座 スタディング
詳細はコチラ

簿記は人気資格なだけあり、開講している通信講座も多々あります。

あまりにも選択肢が多いとどの講座を受ければよいのか迷ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそんなあなたに向けて、通信講座選びのポイントと各講座の長所・短所をまとめていくので、判断の参考にしていただければうれしく思います。

講座選びの軸

最初に講座の選び方ですが、いくつかの軸を最初に決めてから絞り込んでいくと良いです。

例えばスキマ時間でも勉強できるような受講方法だったりサポートがしっかりしているだったりです。

さらに掘り下げてみてみましょう。

口コミ

口コミ実際にその講座を利用した人の声が聴けるので非常に有意義な情報になります。

と言っても各講座のサイトに書いてある口コミは良いところしか書いていない(自社の宣伝のため当たり前)ので、出来れば客観的な意見が欲しいところですよね。

そんな時は下記のサイトを覗いてみましょう。

このサイトではそれぞれの講座に対して実際に受けた方々のいろんな意見が飛び交っているのでどこかの講座だけ贔屓して書かれている、なんてことがありません。

満遍なくそれぞれの講座の良し悪しを見られる点では大きいです。ただし中には受講したものの落ちてしまったから最低評価にした!と言った方も見受けられるので、そういった偏った意見には左右されないように注意しましょう。

価格

価格ももちろん大切な軸です。

合格する際、極力低いコストで合格したいものですよね。

ただ、あまりにケチってしまい自分に合ったコースを受けず、落ちてしまっては時間もお金も無駄です。

筆者が言いたいこととしては安い講座を受けるのではなく、同じ講座でも安く受けられる方法があるので、その手段を積極的に利用していくべきということです。

具体的には簿記の場合、初級から1級までありますが、同じスクールでステップアップとして上の級を受けると受講すると安くなったり、また、同じ講座でも受講形態を変えると安くなったり、求職中の方であれば特別な割引制度を受けられるなんてこともあります。

受講形態に関しては次項で詳しく触れるとして、それ以外の情報は各スクールの資料にあるので目を通しておきましょう。

受講形態

通信講座と一口に言っても、会社ごとに受講形態が違っており、同じところでもWeb形式のものだったりDVDが送られてくる形式だったり多種多様です。

いちいちパソコンを開いて受講しないといけないのか、と思う方に向けてのスマホで見れる講座だったり、スマホは腕や目が疲れるといった方に向けてのDVDでの講座だったりといろんな受け方が出来るので、一通りどのような受講形態があるのかは事前に確認しておきましょう。

各形態の例とそれぞれのメリット、デメリットを思いつく限りまとめておきます。

web講座

スマホや専用ブラウザで動画を見る形式で各講義ごとに1時間~90分ほどの区切りで見ることが出来ます。

会社によっては週ごとに更新されていき、毎週一定のペースで学習を行えるものや、通勤時間や通学時間のスキマ時間にスマホで学習できることをウリにしているものもあります。

長所としては手軽にどこでも好きな時間に学習できることが上げられますが、短所としては受講期間が終わり、その間に試験に合格し切れなかった場合に受講が出来なくなってしまう点が挙げられます。

DVD講座

DVDに講義を収録し、機器があれば再生して勉強できる仕組みになっています。

長所としては通信を必要としないのでネットワーク環境が悪いところで見られる点に加え、実物として残るため、何らかの理由で受験を先送りにした場合や不合格の場合でも受講期間を過ぎてからの学習がノーコストで再開できる点です。

逆に、持ち運びして外出先で学習できない点、Web講座に比べて1,000~10,000円ほど高い点が短所になります。

教材のみ

講義が不要で、自分のペースで進めることに慣れている方は教材のみといった選択肢もあります。

講座が無い分かなり安く済むことが大きな長所ですが、スケジュール管理が得意で、強い意思が無いと勉強が続かないので普段から勉強する癖がついていない人にはオススメできません。

資料請求は絶対にしよう

各通信講座の資料請求は絶対にしましょう

回毎に受講形態や料金が変わることもあり、また、お得な割引情報やどういったサポートがあるかが詳しく記載されているはずです。

資料請求にはお金はかからないので興味がある講座が複数ある場合はすべて取り寄せておきましょう。

このサイトでも取り寄せ先のリンクを用意しておきます。

スポンサーリンク

通信講座の比較

改めて、各講座の比較をしていきます。

資格の大原

簿記と医療の総本山、資格の大原は簿記講座と言われればまず外せません。

特徴としてはあるのは基礎講座+資料と言ったお手軽学習形式。

大原の資料は分かりやすいと評判がよく、筆者も実際に目を通す機会がありましたがテキストの中ではトップレベルの充実さでした。

講義自体は他社でもわかりやすいところが多いので、テキストベースで学習したい方に特におすすめできる講座になります。

資料請求はコチラ

資格の大原は実際に受講した感想や多くの受講者の口コミを集めた記事を個別に書いたので是非目を通してみて下さい!

フォーサイト

フォーサイト動画のクオリティが非常に高く、直接1:1で講座を受けているような感覚で講義を続けていくことが可能です。

フォーサイトの公式ページにもサンプル動画があるのでぜひ見てみましょう。

動画の質だけで言えば他の講座より群を抜いていることが分かるかと思います。

資料請求はコチラ

ForeSightの実体験をまとめた記事もあります。合格者の声などもあるので参照していただけると嬉しく思います。

クレアール

クレアールの講座はマルチデバイス対応で、パソコンはもちろんのこと、スマフォやタブレットでも講座を視聴可能となっているのでスキマ時間を活用して非常に勉強しやすいシステムになっています。

クレアールの嬉しい点は受講期間内に合格できなくても検定目標月プラス1年保証制度が付いており、その期間内であればweb受講やサポートの利用が可能と言った特典もあります。

簿記試験は講座を受講したから100%受かると言った甘いものではないため、この制度は非常に嬉しいと言えます。

資料請求はコチラ

アビバ

アビバは全国100箇所を超える場所に教室があり圧倒的な通いやすさが魅力となっています。

アビバの大きなウリとしてはWebでの質問だけでなく電話で直接質問をして答えてもらうことが可能という点です。

もちろんこのサポートはすべて無料。通信講座だと1方通行になってしまいなかなか質問しづらい印象がありますが、アビバの場合は銘打って何度でも質問可能と言っているのでその敷居が低く気軽に聞けるので嬉しいです。

資料請求はコチラ

資格スクエア

資格スクエアの大きな特徴はその安さにあります。

大抵の簿記講座は3級であれば15,000円程、2級であれば高いところでは50,000円程しますが、資格スクエアではその平均価格の3~4割程度に収まります。

安いと聞くとその分質が悪いのかと不安になる方もいらっしゃると思うので、分かる範囲で答えます。

まず、受講回数とテキストに関してはその他の講座と遜色ないように感じられます。また、質問サポートも無制限となっており、この点もそもそもサポートがない講座もあるので+ポイントですね。

しかし残念なことに講義動画の質が少し低いとの声が多く、画質を気にする方にとっては底が一番ネックになってくるでしょう。

ただその点を差し引いても非常にコスパが良いことに変わりはないので少しでも安く抑えたい方はこの講座も要チェックです。

※資格スクエアは簿記の資料請求ができません。(講座はあります)

TAC

資格のTACは簿記や情報処理技術者試験などメジャー所の資格を多く取り扱っています。

TACの強みとしては受講形態に富んでいることが挙げられ、実際に通う通学コースからWebで受験するコース、さらにはDVDで受講すると言ったコースもあります

模試も数回分あってわざわざ過去問を用意する必要もないので自分の力を度々測れて非常にお得です。

忙しい社会人の方にはWeb講座で移動時間の電車の中で講義を受ける、ついつい誘惑に駆られてなかなか勉強が進まない方は通学を選ぶ、と言った多様な受け方ができるので幅広い方におすすめできます。

因みに筆者は日商簿記2級と1級、応用情報技術者試験はこちらでお世話になっております。

資料請求はコチラ

ユーキャン

開講30年を超える老舗ともいえる通信講座です。

長年にわたるノウハウが詰め込まれており支持率も高いので興味のある方は無料請求してみてください。

特にユーキャンのテキストは漫画やイラストを適せん使用されており分かりやすさに定評があります。

初心者から始めてもスラスラ理解が進むので幅広い方におすすめです。

ユーキャンの簿記3級講座

ユーキャンの簿記2級講座

まとめ

今回は簿記の通信講座を比較して各スクールの良い点、悪い点を紹介させていただきました。

講座の受講料は決して安いものではなく受講してから後悔しても後の祭りなので事前に資料請求をして情報を集めておきましょう!

スポンサーリンク