[日商簿記3級]未払金の処理

2019年10月12日

↓↓↓コスパ最強!筆者イチオシの通信講座↓↓↓
オンライン資格講座 スタディング
詳細はコチラ

今回は日商簿記3級未払金について学習します。

チョロ
チョロ
商品以外に仕事上使うものを買って後払いしようと思うんでチュけど、これも買掛金で処理すれば良いでチュ??
キュー
キュー
直接商品売買に関係するもの以外は未払金といった勘定科目を使うんやで

未払金について

未払金とは読んで字のごとく、未だ払っていないお金のことで後々支払わないといけないお金になります。

そのため負債としての扱いになりますがよく買掛金とごっちゃになってしまう方がいらっしゃいます。買掛金は商品の仕入れに、未払金は仕入以外の物に用います。

例えば同じ鉛筆を購入したとしても、その鉛筆を商品として購入したのなら買掛金、事務用品として購入したのなら未払金となります。

後払いで物を買った場合

実際に未払金を使う処理を見てみましょう。

ひまわり商事はあざらし商事から車両を1,000,000円で購入し、代金を月末に支払う事とした

問題のヒント

今回扱う車両(車両運搬具)や他に建物など、モノとして資産になるものを固定資産と言います。

詳しい処理方法は後々触れますが、資産として扱うので計上するときは借方に記載します。

借方 金額 貸方 金額
車両運搬具
(資産の増加↑)
1,000,000

後払いで物を買った場合

商品以外の建物や土地などを代金で後払いで買ったときの、後から払わないといけない義務は未払金と呼ばれる負債勘定で処理します。

負債なので計上するときは貸方に記載します。

借方 金額 貸方 金額
車両運搬具 1,000,000 未払金
(負債の増加↑)
1,000,000
チョロ
チョロ
商品を買ったときとの区別をしっかりしないとだめでチュね
モナ
モナ
文末の言い回しとかでも判断できるからしっかり押さえて置くニャ

買ったもの 文末 勘定科目
商品 ~を仕入れた 買掛金
商品以外 ~を購入した 未払金

未払金を支払った場合

後日、未払金を支払った場合、未払金の減少として処理をし、相手科目に支払った内容を記載します。

今回試しに当座預金から支払った場合を見てみましょう。

ひまわり商事は未払金1,000,000円の代金を当座預金口座から支払った。

これまでの知識を用いると・・・

当座預金からお金を支払います。そのため資産の減少になるので貸方に記載しましょう。

借方 金額 貸方 金額
当座預金
(資産の減少↓)
1,000,000

未払金を支払ったときの処理

未払金を支払うという事は義務が消失するので負債の減少として処理します。

従って借方に未払金を記載すれば良いです。

借方 金額 貸方 金額
未払金
(負債の減少↓)
1,000,000 当座預金 1,000,000
スポンサーリンク

未払金・例題

実際に例題を解いて問題に慣れていきましょう。

問題

次の仕訳をせよ。ただし使える勘定科目は以下のものとする。また、金額は3桁ごとにカンマで桁区切りをして半角で入力すること。

(例:現金 500、商品 1,000,000)

勘定科目:[現金][建物][未払金]

問1.鳥取商事は島根商事から建物を2,500,000円で購入し、代金は月末に支払うこととした。

借方 金額 貸方 金額

問2.鳥取商事は問1の未払金を現金により支払った。

借方 金額 貸方 金額

解説(クリックで展開)

未払金・まとめ

未払金で押さえるべきポイントは買掛金との使い分けです。

未払金も頻出事項なので、この章でしっかりと押さえてしまいましょう。

カズ
カズ
問題文を落ち着いて読んで判別しよう!

次回は売る側、未収入金の処理になります。

スポンサーリンク








日商簿記3級

Posted by TS