[日商簿記3級]貸付金の処理

2019年10月12日

↓↓↓コスパ最強!筆者イチオシの通信講座↓↓↓
オンライン資格講座 スタディング
詳細はコチラ

今回は日商簿記3級貸付金について学習します。

ぷりん
ぷりん
今月お金が厳しくて・・・貸して欲しいでちゅ
チョロ
チョロ
しょうがないでチュ、ちゃんと返してくれるなら良いでチュ

貸付金

貸付金は特定の誰かだったり企業だったりにお金を貸したときに使う勘定科目です。

一時的にお金を貸していることを意味し、借用書を渡したり以前学習した手形を渡したりして貸した証拠を残しておきます。

お金を貸し付けた場合

最初にお金を貸した場合の処理から見ていきましょう。

ひまわり商事はすすき商事に現金5,000円を貸し付けた。

これまでの知識を用いると・・・

ひまわり商事はすすき商事に現金を貸し付けたので手元から現金5,000円がなくなります。

現金の減少は資産の減少となるので貸方に記載します。

借方 金額 貸方 金額
現金
(資産の減少↓)
5,000

お金を貸し付けた時の処理

お金を貸すという事は後々返してもらうことが出来るので、このお金を返してもらう権利を貸付金という資産の勘定で処理します。

借方 金額 貸方 金額
貸付金
(資産の増加↑)
5,000 現金 5,000

お金を返してもらった場合

貸したお金は当然帰ってきます。次に、お金を返してもらう時の処理も見てみましょう。

ひまわり商事はすすき商事から貸付金5,000円の返済を受け、利息100円とともに現金で受け取った。

これまでの知識を用いると・・・

お金が返ってきたため現金が増えます。

ここで、額は貸付金分5,000円としたいところですが問題文を見ると利息100円とともに、とあることに注意しましょう。

貸付金5,000円に加え利息100円で合計5,100円増えることに注意です。

借方 金額 貸方 金額
現金
(資産の増加↑)
5,100

貸付金を返してもらった時の処理

貸付金を返してもらったときは、後々お金をもらえる権利が消失するので、資産の減少として処理します。

また、貸付金にかかる利息は受取利息という勘定科目を用いて収益として処理します。

チョロ
チョロ

収益の発生は貸方でチュ

費用 収益
利益

これらを加味すると以下のような仕訳を行えば良いです。

借方 金額 貸方 金額
現金 5,100 貸付金
(資産の減少↓)
5,000
受取利息
(収益の発生↑)
100
スポンサーリンク

貸付金・例題

実際に例題を解いて問題に慣れていきましょう。

問題

次の仕訳をせよ。ただし使える勘定科目は以下のものとする。また、金額は3桁ごとにカンマで桁区切りをして半角で入力すること。

(例:現金 500、商品 1,000,000)

勘定科目:[現金][貸付金][受取利息]

問1.石川商事は、富山商事に現金10,000円を貸付期間6ヵ月、年利率4%で貸し付けた。なお、利息は返済時に受け取る。

借方 金額 貸方 金額

問2.石川商事は富山商事より問1の貸付金の返済を受け、利息とともに現金で受け取った。

借方 金額 貸方 金額

(資産)

(収益)

解説(クリックで展開)

貸付金・まとめ

貸付金について注意すべき点は受取利息に関する処理です。

どのタイミングでどの利率で計上するかは問題に書かれているので落ち着いて読みましょう。

カズ
カズ
そろそろ資産負債がそれぞれ増減するとき、借方貸方どっちに来るかもぱっと出てくるようになりたいね!

次回は借りる側、借入金の処理となります。

スポンサーリンク








日商簿記3級

Posted by TS