[日商簿記3級]転職には有利?求人情報を調べてみた!

2019年3月19日

スポンサーリンク




人気資格の一つである日商簿記。最も人気が高いのは2級で、転職や昇進に有利と聞くけれども、3級はどうなんだろう・・・と思う方も多いのではないでしょうか。

折角頑張って取得した日商簿記3級、もし評価されて転職などで有利になるのなら活用したいと思いますよね!?

そんな背景もあって、実際に日商簿記3級を持っている筆者が、いくつかの登録してある転職サイトで実際にどれくらいの求人があるのか、転職には有利なのかを調べてみました。

日商簿記3級でも転職できる?

日商簿記3級は色んな部署に使える資格で汎用性も広いですが、最もメジャー処としては事務職(経理)が挙げられるのではないでしょうか。

ここでは事務職をターゲットとして、未経験でも就けるのかと言ったポイントに着目して触れていきます。

やる気のアピールになる

筆者は経理職に加え採用担当にも少しかかわったことがありますが、事務職はやはり人気があり色んな方が採用試験を受けに来られていました。

中には似たり寄ったりのスキルを持っている人も多く、未経験で挑戦したい!という人が複数人いた場合は資格も立派な一つの指標として見ていました。

ただ口でやる気があります!というよりも、やる気があるのでその知識をつけようと思い簿記の勉強をしてきました!と言われた方がはるかに説得力がありますよね。

そういった事からも、未経験でも簿記3級を持っている方はしっかりと評価する背景がありました。

特に事務系では強い

後に調べた求人情報の中でも、簿記3級保有者の求人は主に事務系が多くありました。

経理だけでなく営業事務や総務、企画と言った部署でも簿記の知識があると良くて特に予算についての理解がある方を優遇して取っている印象が強くありました。

実際に登録してみよう

あくまで上記は筆者が勤めていた会社の基準であり、中には「簿記が無ければ若くても事務はとらない」、「3級なら大歓迎!」「せめて2級は欲しい・・・」など様々な企業があるかと思います。

そういった求人情報は実際にエージェントなどに登録してこないと見えてこないので、簿記3級を取ってどうなんだろ・・・と迷っている方はまず行動してみるのが手っ取り早いと思います。

スポンサーリンク

各エージェントの求人数比較

これから紹介するエージェントは大手の物や事務に特化したものをメインに紹介していきます。

中には会員登録をしないと調べられないものもありますが、登録は無料で何ならその後の就職までのサポートも手厚くしてもらえるため気になるエージェントがあれば登録してみてください。

Doda

約6万件を超える求人を取り扱うDodaですが、簿記3級を条件としている企業は255件となっていました。

中には会計事務所や税理士事務所と言った将来キャリアアップを狙える職場から誰もが知るような大手企業、中にはフルタイムで働けない方向けのパートの求人などもあり選択肢はかなり広いように感じました。

勤務地も各地にあるので地方の方でも安心して探せるのは嬉しいポイントですね!

また、この数値は公開求人数だけであり、本人の経歴等を加えると非公開求人が追加されることもあるので実質数値はもっと上になります。

事務職以外のバックグラウンドをお持ちの方はさらにチャンスが増える事にもなるので非常に魅力ですね!

転職サイトに掲載されていない【非公開求人】の紹介を受ける方法は?

ミイダス

ミイダスは自分の経歴を入力していくことで合致する企業が何社あるかを調べたり、想定される年収を割り出してくれる少し変わったアプリになっています。

住居地や学歴、経歴、資格によってオファーの数も年収も大きく変わってきますが、26歳、適当な4年大卒に設定して出来るスキルはエクセル全般で最後に簿記3級を入力したところ、以下のような結果となりました。

現在筆者は簿記2級や情報処理技術者試験も持っていますがこの年収694万円には遠く及びません。

簿記3級でもこういった高収入のオファーが多いのは驚きですね!(改めて転職しようかな・・・)

MIIDAS(ミイダス)

マイナビキャリレーション

マイナビキャリレーションは事務職の無期雇用派遣求人を取り扱うサイトで未経験者でも仕事を見つけやすいサイトとして注目が集まっています。

無期雇用派遣とは更新の無い派遣制度で定期的に切られる心配もなく、更には派遣であっても賞与や昇給も保証されている(もちろん本人次第の所はあります)ため、安心して働くことが出来ます。

マイナビキャリレーションでの求人数は96件と他のエージェントには見劣りしますが事務特化で希望の職種にも就きやすいので候補に入れておいても良いのではないでしょうか。

セミナーや転職フェアも盛んなため良い刺激になります。

マイナビキャリレーション

転職活動をするにあたって

各エージェントで簿記3級がかなり求められていることが分かりました。

簿記3級でも十分に求人があり、仕事を探しやすくなりますが、転職活動に踏み込むとしたらいくつか注意していただきたい点もあります。

求人数は変動する

簿記3級に限らず、あらゆる求人の数は時期や景気に左右されて大きく変動します。

特に4月は人の動きが活発になり、求人数が一気に増える傾向にあり、逆に6月や12月と言ったボーナスが出る時期は離職数も下がるため求人数がガクっと減る傾向にあります。

すぐに仕事を変わりたくない場合は登録だけして目当ての求人が出るまで待ってから行動するのも大切ですよ。

行きたい企業を絞る

案件がいくつもあっても行ける企業や職場は1箇所だけです。

はいったは良いけども何か合わなかったから辞めてしまったを繰り返してしまうと、いくら資格を持っていても経歴を見られて「この人はすぐに辞める人なんだな」と落とされる確率も高くなっていきます。

そうならないためにも自分の軸をしっかり持って狙いを定めてから行動しましょう。

簿記3級を取得するために

この記事を読んでいらっしゃる方の中には、「まだ簿記3級は取得していないけど人気資格だし、求人がどれくらいあるのか気になる」と思ってこられた方もいらっしゃるのかなと思います。

もしこの数値を見て「簿記取りたい!」と思った方は以下のページでオススメの参考書や講座の情報、勉強法についてもまとめています。

勉強法

簿記3級の難易度でしたら独学でも十分に取得が可能です。

その際に必要なこと等もまとめてあるのでご一読ください。

テキスト

テキストはたくさん出ていますが、簿記は毎年範囲が変わったり新論点が出てきたりします。

少し前の知識は範囲外で役に立たないなんてこともあるので、常に最新の情報を扱っている参考書を選びましょう。

講座

独学ではどうしても分からない、モチベーションを保つためのきっかけが欲しいという方は講座を考えるのもアリです。

通信講座を利用すれば合格率もぐっと上がり、学習効率も良くなるので時間に余裕がなくお金に余裕がある方は考慮してみましょう。

さらに良い求人に巡り合うために

資格はもちろん転職に有利に働きますが、簿記3級を取得しただけで満足してしまうのはもったいないように感じます。

中には資格を取ったけれど慢心した故に良い求人に巡り合えなかった・・・という方も知っています。

最終的にはその人の人となりがすべてなので、その辺も鍛えていきたいものですね!

事務以外にも目を向ける

簿記3級のメリットは経理や事務だけで役に立つわけではなくあらゆる部署で強みになります。

詳しくは以下に書いてありますが、簿記を持っていることで製造や現場、研究所でも数値に基づいた分析が出来るようになり発言に説得力を持たせることができます

特にエンジニア気質の方では財務や会計を軽視してしまう方もいらっしゃるので、逆にその辺の知識を持ったエンジニアはかなり価値が高くなります。

上位の資格にもチャレンジしよう!

余力があればですが、簿記には2級1級といった上位の資格があります。

これらの資格を取得できれば一気に求人数は増え、条件もさらに良くなります。

上位資格は3級の知識が前提で、これらを活かすことが出来れば0からの勉強よりも有利になるので、勢いで合格してしまいましょう!

最後に

今回は簿記3級に関する転職情報や求人情報をまとめさせていただきました。

簿記3級を求めている企業は多く、資格をフルに生かした仕事に就くこともできるので、持っている資格に誇りをもって面接に臨みましょう!

また、どのエージェントも登録無料で資格をアピールする為の良い履歴書の書き方などをサポートしてくれます。

頼れるところには思いきり頼り、自分のキャリアを開拓していきましょう!

スポンサーリンク








日商簿記3級

Posted by TS