[日商簿記3級]借入金の処理

2019年8月17日

スポンサーリンク




前回は貸した側、貸付金に関する処理を扱ってきました。

今回は借りた側、借入金の処理を見ていきます!

モナ
モナ
今月はお金が厳しくて・・・貸してくれないかニャ
キュー
キュー
ええで、十一(※)な

※10日で利息1割という高利の金融のこと。

モナ
モナ
なんでだニャ・・・

借入金

借入金は他の企業などからお金を借りた時に使う勘定科目です。

借りるという事は当然返さないといけませんね。

お金を借り入れた場合

最初にお金を借り入れた場合の処理から見ていきましょう。

すすき商事はひまわり商事から現金5,000円を借り入れた。

これまでの知識を用いると・・・

すすき商事はひまわり商事からお金を借り入れるため、手元に5,000円が渡ります。

現金が増加することは資産の増加に当たるので借方に記載しましょう。

借方 金額 貸方 金額
現金
(資産の増加↑)
5,000

お金を借り入れた時の処理

お金を借り入れるという事は後々返す義務が発生します。この借りたお金を返す義務を借入金という負債の勘定で処理します。

借方 金額 貸方 金額
現金 5,000 借入金
(負債の増加↑)
5,000

お金を返した場合

借りたお金は期日が来たら返さなければいけません。実際にお金を返した場合の処理も見てみましょう。

すすき商事はひまわり商事に借入金5,000円を返済し、利息とともに現金で支払った。なお、利息の年利率は4%で借入期間は6ヵ月である。

これまでの知識を用いると・・・

お金を返すため現金5,000円が減る事は火を見るよりも明らかです。

加えて利息も支払っており、年利率が4%で借入期間が6ヵ月なので、5,000×4%×6ヵ月/12ヵ月=100円となり、合計5,100円が減少することになります。

借方 金額 貸方 金額
現金
(資産の減少↓)
5,100

借入金を返したときの処理

借入金を返したときは、後々お金を返す義務が消失するので、負債の減少として処理します。

また、借入金にかかる利息は支払利息という勘定科目を用いて費用として処理します。

ぷりん
ぷりん
費用の発生は貸方でちゅ

費用 収益
利益

これらを考慮すると以下のような仕訳になります。

借方 金額 貸方 金額
借入金
(負債の減少↓)
5,000 現金 5,100
支払利息
(費用の発生↑)
100
スポンサーリンク

例題

実際に例題を解いて問題に慣れていきましょう。

問題

次の仕訳をせよ。ただし使える勘定科目は以下のものとする。また、金額は3桁ごとにカンマで桁区切りをして半角で入力すること。

(例:現金 500、商品 1,000,000)

勘定科目:[現金][借入金][支払利息]

問1.神奈川商事は、愛知商事に現金6,000円を貸付期間10ヵ月、年利率2%で貸し付けた。なお、利息は返済時に支払う。

借方 金額 貸方 金額

問2.神奈川商事は愛知商事に問1の借入金の返済を行い、利息とともに現金で支払った。

借方 金額 貸方 金額

(負債)

(費用)

解説(クリックで展開)

まとめ

貸付金と借入金はともに真逆の処理を行うのでセットで覚えてしまいましょう。

利息の月割計算では〇ヵ月/12ヵ月で計算することを忘れてはいけません。

カズ
カズ
これでお金の貸し借りもバッチリだね!
キュー
キュー
いや、手形を使った貸し借りもあるで

という事で、次回は約束手形を用いた貸付金、借入金の処理となります。

スポンサーリンク








日商簿記3級

Posted by TS