[日商簿記3級]あらゆる場面で役に立つ!簿記3級の意外なメリットとは?

[日商簿記3級]あらゆる場面で役に立つ!簿記3級の意外なメリットとは?

経理や会計の仕事に携わっている人なら誰でも知っている資格、日商簿記3級

知名度の高い資格であり、会計業務に携わることが少ない方でも耳にしたことはあるのではないでしょうか。

実はこの日商簿記3級、経理や会計の仕事以外でも役に立つ場面が多く、取得することによるメリットが大きいのでそれらを紹介していこうと思います。

金銭感覚が身につく

簿記3級は主に商業簿記と呼ばれる分野を学習します。

この商業簿記ですが、言ってしまえば物を仕入れて売る転売的な側面が多く出てきます。(悪い意味じゃないですよ。)それらのやり取りを踏まえ、どのタイミングで収益や費用が発生しているのかを知ることが出来ます。

また、仕入れに対していくら上乗せすれば収益が発生するのかと言ったことや、日ごろ買っているものは原価はいくらくらいで、どれくらいの付加価値があるのかと言ったことがわかるようになります。

簿記の試験で出てくる数値や割合も実際の企業で扱われている数値に似通った値になっているので、この規模の企業だったらどれくらいのお金の動きがあるのかと言った感覚をつかめるようになります。

副業・独立に便利

例えば副業や独立している方でオークション売買をしたり、サイトから収益を得たりしている場合、簿記の知識があると多くの面で有利になってきます。

というのも、会社以外での収益がある場合、確定申告と呼ばれる税金に関する手続きをする義務があります。

その際売上や費用に関して仕訳をしなければならず、簿記の知識が不可欠となってくるわけですね。

また、何をどのように費用として計上できるかを知っているだけでも節税に繋がる(というより、無駄に払わなくて済む)ので、将来独立を考えている方、副業してみたい方は勉強しておくと有利です。

分析力が向上する

簿記は想像以上に数字がよく出てくるため、数学が好きな方とは非常に相性が良いです。

しっかりとした手順を踏んで計算された数値は何よりも説得力のある根拠となり、その根拠を元に分析・戦略計画を立てることでより正確な決定が出来るようになります。

例えば個人で株や資産に投資をするとき、今までの数値から計算・分析し、どのような投資の方法をすればいいか、と言った考え方も簿記の知識があると有利になりそうですよね。

また、開発職や研究職の場合でも、会議の時や予算を組む際に経営者に向けて発言する場面で損益計算書や貸借対照表を意識して話すことで分かりやすく、納得してもらいやすくなります。

まとめ

お金の動くところに簿記の考えは必須です。

たとえ理系でも文系でも、はたまたサラリーマンでも独立していてもお金と関与しない人生はないのではないでしょうか。

今後何かしら仕事をする際、簿記は必須の知識となるので、3級くらいは取っても損はありません。

勉強時間や参考書代などもそこまで必要ではなく、難易度も高くないのでかなりコスパのいい試験だと言えます!

日商簿記3級TOPページへ

日商簿記3級カテゴリの最新記事