[日商簿記3級]あらゆる場面で役に立つ!簿記3級の意外なメリットとは?

2019年3月19日

スポンサーリンク




経理や会計の仕事に携わっている人なら誰でも知っている資格、日商簿記3級

知名度の高い資格であり、会計業務に携わることが少ない方でも耳にしたことはあるのではないでしょうか。

実はこの日商簿記3級、経理や会計の仕事以外でも役に立つ場面が多く、取得することによるメリットが大きいのでそれらを紹介していこうと思います。一方で取得するためにはデメリット(コスト)もあるので、その辺も後ほど触れていきます。

メリット

まずはメリットから

お金の流れが分かる

簿記3級は主に商業簿記と呼ばれる分野を学習します。

この商業簿記ですが、言ってしまえば物を仕入れて売る転売的な側面が多く出てきます。(悪い意味じゃないですよ。)それらのやり取りを踏まえ、どのタイミングで収益や費用が発生しているのかを知ることが出来ます。

そもそもビジネスというのは安く仕入れて高く売ることで成り立っているため、そういった流れが分かる事は非常に大切ではないでしょうか。

また、仕入れに対していくら上乗せすれば収益が発生するのかと言ったことや、日ごろ買っているものは原価はいくらくらいで、どれくらいの付加価値があるのかと言ったことがわかるようになります。

簿記の試験で出てくる数値や割合も実際の企業で扱われている数値に似通った値になっているので、この規模の企業だったらどれくらいのお金の動きがあるのかと言った感覚をつかめるようになります。

分析力が向上する

簿記は想像以上に数字がよく出てくるため、数学が好きな方とは非常に相性が良いです。

しっかりとした手順を踏んで計算された数値は何よりも説得力のある根拠となり、その根拠を元に分析・戦略計画を立てることでより正確な決定が出来るようになります。

例えば個人で株や資産に投資をするとき、今までの数値から計算・分析し、どのような投資の方法をすればいいか、と言った考え方も簿記の知識があると有利になりそうですよね。

また、開発職や研究職の場合でも、会議の時や予算を組む際に経営者に向けて発言する場面で損益計算書や貸借対照表を意識して話すことで分かりやすく、納得してもらいやすくなります。

転職に有利

資格というのはその人が一定の実力がある事の指標であり、実力が無ければ取れるものではありません。

筆者はあまり好きなたとえではありませんが、新卒の就活市場では未だに高学歴が好まれフィルターがあります。

転職の場ではこれに加え資格も加味されることが多く、実際に多くの企業で資格保有者に限定する求人があるのも事実です。

とはいえ「資格は有利って聞くけど本当?」と疑問に思う方も多いと思ったので、実際にどれくらいの求人数があるか筆者が登録しているエージェントを使って実際に調べてみました。

具体的な数値が見たい方は下記にまとめているのでご覧下さい。

副業・独立に便利

例えば副業や独立している方でオークション売買をしたり、サイトから収益を得たりしている場合、簿記の知識があると多くの面で有利になってきます。

というのも、会社以外での収益がある場合、確定申告と呼ばれる税金に関する手続きをする義務があります。

その際売上や費用に関して仕訳をしなければならず、簿記の知識が不可欠となってくるわけですね。

また、何をどのように費用として計上できるかを知っているだけでも節税に繋がる(というより、無駄に払わなくて済む)ので、将来独立を考えている方、副業してみたい方は勉強しておくと有利です。

上位資格につながる

簿記3級には上位資格として2級1級があり、さらに上には税理士や公認会計士と言った業務独占資格もあります。

これらに挑戦するには簿記3級の知識は不可欠です。

さらに言えば基本情報技術者試験応用情報技術者試験と言った情報系の資格のストラテジ分野、中小企業診断士やファイナンシャルプランナーと言った経営・金融の分野にも通ずる知識を得ることができます。

筆者は高度の情報処理技術者試験やFP3級も比較的短時間で取得できましたが、その理由として簿記3級で学んだ会計に関する礎があったからと言っても過言ではありません。

他の資格を取る際に簿記3級の知識はプラスに働くのは間違いないので、将来的に色んな資格を取って仕事に活かしたい場合はまず簿記3級から入るのも良いと思います。

スポンサーリンク

デメリット

逆に簿記3級を取得することで何かデメリットもあるのでしょうか。筆者が思うデメリットは以下の3点だと思います。

お金がかかる

まずは資格取得の際にそれなりの費用が掛かります

参考書と問題集を合わせると大体3,000円、試験費用が2,800円で最低でも約6,000円近くはかかります。

加えてスクールなどを受講した場合は1万円近くかかることもあるのでそれなりにお財布に与えるダメージは大きいのかなと思います。

時間がかかる

簿記3級の勉強時間は大体50時間と言われています。

その時間を資格勉強にあてるのか、友だちとのディナーにあてるのかはあなた次第です。

若い時間は特に貴重で、10代20代であれば遊びたい盛りだと思います。

今を大事にするのか、将来を大事にするのかをじっくり考えてから勉強を始めましょう

絶対安泰ではない

資格を将来の保険代わりにと頑張って取得する方もいらっしゃいますが、簿記3級を取ったから必ず将来が約束されるかと言ったらそれは違います。

簿記も学歴もあくまで「有るなら無いより良いよね」といったもので、本人の頑張り次第でどうにでも覆せます

逆に資格を取って「俺は資格保有者だから偉いんだぞ」とふんぞり返ってしまっては逆効果でプライドだけ高くなってしまいマイナスにしか働きません。

資格を取ったからと言って慢心せず、取ったからどう動くのか、何が出来るようになったのか、どうアピールすればよいのかを常に考える必要があります。

まとめ

お金の動くところに簿記の考えは必須です。

たとえ理系でも文系でも、はたまたサラリーマンでも独立していてもお金と関与しない人生はないのではないでしょうか。

今後何かしら仕事をする際、簿記は必須の知識となるので、3級くらいは取っても損はありません。

勉強時間や参考書代などもそこまで必要ではなく、難易度も高くないのでかなりコスパのいい試験だと言えます!

スポンサーリンク








日商簿記3級

Posted by TS