[日商簿記3級]仕訳の切り方を身に着けよう!

スポンサーリンク




前回は簿記とはどのようなものかを学習しました。

では実際にどのように記録すればよいのでしょうか。具体的な仕分けの流れを見て行きましょう。

チョロ
チョロ
簿記が大事なのはわかったけど、具体的にはどんな風に書いていけば良いんでチュ?
キュー
キュー
記録する、と言っても日記みたいに○月〇日にぷりんから100円分のひまわりの種を買いました。ではアカンからな。
ぷりん
ぷりん
ちゅ?

仕訳とは

簿記を勉強する上で基本になる作業が仕訳になります。

ここでは仕訳のルールを説明した上で実際にどの様な手順を踏んで仕訳を切っていくかを実践して見せて行こうと思います。

スポンサーリンク

仕訳のルール

まずは大まかな仕訳のルールをまとめていきます。

勘定科目を知る

簿記の仕訳を切る前に、大まかに勘定科目にどのようなものがあるかを知る必要があります。

貸借対照表に載るもの

前回少し触れた会社の資産や負債に関わる情報を載せるのが貸借対照表でした。

まずは貸借対照表に載るものにどんな科目があるかを見てみましょう。

資産

資産とはお金そのものだったり、お金になる価値があるもの、お金を貰える権利などを指します。

ラク
ラク
この値は多い方が良さそうって直感でわかるよな!

例えばあなたが所有する財布の中に現金5万円入っているとします。すると、その現金5万円はあなたにとっての資産になります。

また、その財布自体が高級なブランド品で売った場合に2万円の価値があるとします。するとその財布2万円も資産になります。

この他にも家や土地、株など、売ればお金になるもの、それに見合った価値のあるものは資産として計上(=数えることが)できます。

加えて誰かに貸しているお金もいずれは帰ってくる(=お金になる)ものですよね。したがってそれらも資産として計上します。

また、物を売った際に後から払うからといった名目で渡される手形や掛金も資産であることは忘れてはいけません。

例:現金、当座預金、売掛金、受取手形、備品、土地、建物、有価証券、貸付金

貸借対照表では以下の位置に書くようにします。

資産
負債

負債は言ってしまえば借金のようなもので、いずれお金として出て行くものが上げられます。

カズ
カズ
こっちはあまり多くない方が良さそう・・・

友人から5千円借りたら後々5千円返さなければ行けないので負債として扱います。

また、物を買った場合にお金は後払いといった名目でツケてもらう場合も負債として扱います。

例:買掛金、支払手形、預り金

貸借対照表では以下の位置に書くようにします。

負債
資本

資本とは資本主が経営のために会社に出資した額を表しており、特性としては資本金としてみることができるのでその額と一致します。

モナ
モナ
資本は株みたいに他の人から出してもらったお金だニャ

また、その出資金に関しては資本主からの借入金として見ることもできるので負債と似たような扱いになります。

資本額は一般的に以下のようにして算出可能です。

資本=総資産-総負債

貸借対照表では以下の位置に書くようにします。

資本

損益計算書に載るもの

貸借対照表と合わせてもう一つ、忘れていけないものに損益計算書があります。

収益

収益は読んで字のごとく、いくら儲かったかを表す数値です。

カズ
カズ
これももちろん大きい方が嬉しいよね♪

物やサービスが売れたときの売上はもちろんのこと、お金を貸した時にもらえる利息や有価証券の価値が買ったときより上がったときの見込みだかも収益として計上します。

例:売上、受取利息、有価証券評価益

損益計算書では以下の位置に書くようにします。

収益
費用

費用は会社が営業活動するに伴って出ていくお金を表します。

ラク
ラク
こっちは少ない方が良いなぁ

物を買ったときの仕入代金や従業員の給料、お金を借りた場合の支払い利息などが含まれます。

また、投資目的で買った有価証券の価値が下がったときや会社が所有している建物、備品などの価値が経年劣化した際も費用として計上します。

例:仕入、給料、有価証券評価損、減価償却費

損益計算書では以下の位置に書くようにします。

費用

貸借は必ずバランスさせる

仕訳を切るときは必ず貸方(右)と借方(左)をバランスさせなければいけません。

例えば5,000円の商品を現金を支払って仕入れた場合は以下のように仕訳を切ります。

借方 貸方
仕入 5,000 現金 5,000

この仕訳の意味としては借方に注目してみると費用として5,000円が発生した。

貸方に注目してみると、資産としての現金が5,000円なくなった。

ということになります。

つまり仕訳では一つの取引を2つに分けて記入していることになりますね。

次に貸方、借方の意味をさらに掘り下げてみてみます。

貸方

貸方は右側に来る勘定を指します。貸方をひらがなで書くと かしかた となり、 し が右に払うので右側に来ると覚えましょう。

それぞれの勘定科目が貸方に来た場合の意味は以下の通りです。

資産の減少

仕訳を切ったときに資産が貸方に来た場合は資産の減少を意味しています。

現金5,000円が貸方にあれば会社から5,000円が出て行った事を意味しています。

負債の増加

仕訳を切ったときに負債が貸方に来た場合は負債の増加を意味しています。

買掛金300円が貸方にあれば会社が300円のツケで物を買ったことを意味しています。

資本の増加

仕訳を切ったときに資本が貸方に来た場合は資本の増加を意味しています。

資本金5万円が貸方にあれば会社の資本金が5万円増えたことを意味しています。

収益の発生

仕訳を切ったときに収益が貸方に来た場合は収益の発生を意味しています。

売上3万円が貸方にあれば3万円の物が売れ会社にそれだけの収益が発生したことを意味しています。

費用の取消

仕訳を切ったときに費用が貸方に来た場合は費用の取消を意味しています。

仕入5万円が貸方にあれば5万円の仕入を取り消したことを意味しています。

基本的に費用が貸方に来ることは少なく、例えば品質に問題があったから返品をしたり、間違って費用に計上してしまったから訂正として逆仕分けをしたり等、限定的な場合が多いです。

借方

借方は左側に来る勘定を指します。借方をひらがなで書くと かりかた となり、 り が左に払うので左側に来ると覚えましょう。

それぞれの勘定科目が貸方に来た場合の意味は以下の通りです。

資産の増加

仕訳を切ったときに資産が借方に来た場合は資産の増加を意味しています。

売掛金3,000円が借方にあれば何らかの物を売り、3,000円を将来的に貰える権利を得た事を意味しています。

負債の減少

仕訳を切ったときに負債が借方に来た場合は負債の減少を意味しています。

支払手形700円が借方にあれば700円のツケを返済するなどして将来払うべきお金がなくなった事を意味しています。

資本の減少

仕訳を切ったときに資本が借方に来た場合は資本の減少を意味しています。

資本金3万円が借方にあれば会社が株を買い戻したなどして資本金が減少したことを意味しています。

収益の取消

仕訳を切ったときに収益が借方に来た場合は収益の取消を意味しています。

売上5万円が借方にあれば売った物に欠陥があり5万円分の値引きを行ったなどして利益を取り消すことを意味しています。

収益が借方に来ることは少なく、値引きや割戻があったとき、間違って仕訳を切った場合の訂正仕訳などに限られます。

費用の発生

仕訳を切ったときに費用が借方に来た場合は費用の発生を意味しています。

仕入3万円が借方にあれば3万円分の商品を仕入れるために3万円分の費用が発生したことを意味しています。

貸借の位置には意味がある

上記の通り、それぞれの勘定科目が貸方に来ているか借方に来ているかで意味合いが変わってきます。

貸方に資産があり、借方に費用がある場合は資産を削って費用を払った、のように意味を考えながら考えることで仕訳を切り間違える可能性がぐっと減ります。

実際の仕訳の手順

では実際に仕訳の問題を1問解きながらどのような順に仕訳を切っていくのかを解説していきます。

やっている意味や勘定はまだ覚えなくていいので、漠然とこんなことをしているのか~と眺めてみてください。

例題

A商事に対する売掛金1,000円が本日付で当座預金に振り込まれた。その際当社は以前より300円の当座借越を行っていた。

解説

ではさっそく、問題を解いていく手順を書いていきます。

最初の状態を確認する

まずは最初どのような状態であるかを考えます。売掛金は資産、当座借越は負債なので以下のような貸借対照表になっていることが考えられます。

現金 ×××
売掛金(A商事) 1,000
その他の資産 ×××
当座借越 300
資本金

動く全体の勘定の金額を把握する

問題から読み取れる勘定科目として売掛金、当座預金、当座借越があります。

したがってこれらの勘定科目が出てくることは想像がつきますね。

大きい金額から書く

仕訳を行うときは全体の金額のうち、大きい額から処理していく方が分かりやすくすんなり解けます。

今回の場合、売掛金1,000円を回収したことが分かるので、資産の勘定である売掛金が消えることになります。

資産が減少する場合は貸方に書くのでした。

借方 貸方
売掛金 1,000

-の物を0にすることを考える

次に当座預金にお金が入ってきますが、ここで負債の当座借越がある事に注目します。

お金を借りている状態で手元にお金が入ってきた場合は利子の発生を抑えるためにもいち早く返済したいものです。

そんなわけでまずは負債を0にします。負債は貸借対照表では貸方にあり、それを受けすので借方に書きます。

借方 貸方
当座借越 300 売掛金 1,000

このように、借金や負債などがある場合は真っ先に返済して帳簿上から消すようにします。

残りを埋める

最後に貸借をバランスさせるために残りの科目を記入します。

1,000円のうち300円は返済し、残りの700円が当座預金に振り込まれるので資産の増加(借方)に当たりますね。

借方 貸方
当座借越 300 売掛金 1,000
当座預金 700

仕訳の流れは以上となります。

まとめ

今回は簿記の仕訳に必要なルールや用語をいくつか紹介しました。

内容が盛りだくさんで???だった方もいらっしゃるかもしれませんがここでは10%程の理解で構いません。

チョロ
チョロ
資産、負債、純資産が貸借対照表で、収益、費用が損益計算書に載るんでチュね
モナ
モナ
それぞれ計上するときに貸方(右)に来るのか、借方(左)に来るのかもちゃんと覚えるニャ

次回は最も一般的で簡単な商品売買を見ていきます。

スポンサーリンク








日商簿記3級

Posted by TS