[日商簿記1級]独学は厳しい!?オススメの通信講座は??

2019年3月19日

スポンサーリンク




日商簿記1級は税理士や公認会計士など有名難関資格の登竜門とも呼ばれ、また、大手企業などでも需要があることから有名な資格です。

登竜門と言うとそこまで難しくないのかな?と思われがちですが、合格者の平均勉強時間は1,000を超え合格率も10%前後と軽く鬼畜難易度と言ってよいでしょう。

以前筆者も独学で挑戦したことがあるのですが到底及ばず通信講座を利用するに至りました。

簿記1級を取り扱っている講座やスクールは多いので、それぞれのスクールの特徴やメリットを含めてお伝えします。

特に1級は受講料も高いので、後悔しないための判断材料にしていただければ嬉しく思います。

通信講座を利用すると?

通信講座やスクールを利用すると様々なメリットを受けることが出来ます。

また、それに伴ったデメリットも生じるのでそれらを天秤にかけてみましょう。

メリット

まずはメリットから触れていきます。

モチベーションの維持に繋がる

日商簿記1級は範囲が広く、参考書だけでも商業簿記、工業簿記それぞれ3~4冊にわたるため見ているだけで終わりが見えず気が滅入ってしまいます。

その点講座を受けるとしっかりとスケジュールが管理されており、決められたカリキュラムにしたがって勉強を進めていけば気づかぬうちに学習も進んでいくので、中々モチベーションが上がらない人、スケジュールを組むのが苦手な人には嬉しいです。

効率よく学習が可能

通信講座やスクールの講師は今まで相当な数の合格者を出してきたプロです。

過去問にも当然全て目を通しており、毎年どのような傾向の問題が出されているか、どういった聞かれ方をするのか把握しており、そこから得られるヒントを教えてくれるため効率よく学習していくことが可能です。

疑問や曖昧な理解を残さずに済む

簿記1級は問題も複雑で、同じ資料が与えられてもどの方法を使って解けと言った指示により解法や答えが違うこともザラです。

その辺の理解が曖昧だと本番で足元を救われかねないので、そう言った中途半端な学習になるリスクを抑えられるのも大きなメリットです。

デメリット

次にデメリットです。

高い

日商簿記1級は何より受講料が高く、6桁を突破するような講座ばかりです。

これは受験範囲が広く、講座の回数も多いため仕方ないことではありますが、大きな出費になることは間違いないのでそれなりの覚悟が必要です。

落ちた場合再受講しないといけない

講座の中には試験日までしか受講できなかったりサポートしてもらえなかったりと言ったものが多く、万が一仕事に落ちてしまった場合再受講しなければならず更に費用がかかってしまうこともあります。

ただでさえ高い講座を再受講するのはかなり家計を圧迫してしまいますね。

スポンサーリンク

講座選びについて

次に講座選びのポイントを紹介します。講座はかなりありそれぞれ特色がありますが中でもコレだけは気をつけて!と言った点にフォーカスして紹介していきます。

再受験の可能性も考える

簿記1級は合格率が10%前後で、例えばあるスクールが合格率全国平均2.5倍!などと謳っていても合格率は高々25%で過半数が落ちる試験です。

つまり本気で臨んでも1発合格は難しく、再受験しなければいけない可能性が高いです。

そのため、1年スパンで長めに受講できるものや、再受講制度が整っているものを選ぶと良いでしょう。

筆者の場合はあえて長めの合格目標を設定されているコースを選び、その間に挟まれている試験も受験すると言った戦略をとりました。(例えば3月の段階で11月合格目標コースを受講し、6月も受験すると言った手筈)

自分にあった講座を見つける

簿記1級を扱う講座は多数ありますが、人によって合う合わないがあります。

ガッツリ時間をとることが出来る学生であればスクールに通うといった形態も取れますが、殆ど仕事で移動時間しかまともに勉強できない社会人だと通信講座に絞られると言った具合だったり、独学をメインで進めて補足だけ動画で行う形式や講座がメインでそれを補足する形で資料があるような講座もあります。

どのコースも決して安くなく、自分に合えば当然合格率は上がりますし合わないコースであれば合格には近づけません。

これでもかと言う具合に徹底的にリサーチをかけた上で講座を選ぶようにしましょう。

資料請求は忘れずに

講座を選ぶ際には絶対に資料請求を忘れないでください

回によって講座の情報は変わりますし、ネット上に転がっているどの情報よりも各講座が出す資料の情報は網羅的で正しいです。

当サイトでも各講座を紹介した上でそれぞれの資料請求先のリンクを記載するので、気になる講座があれば請求してみてください。

請求に関しては全て無料で、お得な割引などのキャンペーン情報も載っているので利用しない手はありません。

スクール比較

それでは早速スクールや講座の比較をしていきます。

それぞれの特色を中心に書いていくので、気になるところがあれば是非見てみてください。

資格の大原

コース 1級合格コース(6ヶ月/9ヶ月/12ヶ月)
1級直前対策パック
1級模擬試験パック
受講料 15万円~(1級合格コース)
8万円~(1級直前対策パック)
4万円~(1級模擬試験パック)
キャンペーン 多数、詳しくはHP・資料請求より

簿記の総本山とも言われる資格の大原は今までの過去問題を徹底的に分析しており、膨大な問題の分析に加え、出題範囲の変更が著しい簿記に対する研究に力を注いでいます。

そのため合格までに要される時間と労力も効率化されており、更には学習度合いによってコースも細かく分かれているため多くの方が自分にあったコースを見つけやすくなっています。

コースは具体的に2級学習経験者を1発合格へ導く1級合格コース、1度1級学習経験があり重要論点を中心に復習する1級直前対策パック、試験で自分の実力を測る1級模擬試験パックがあります。

受講料に関してはその時々によりますが、1級合格コースが大体15万円前後です。

資格の大原

TAC

コース 1級本科生
1級アドバンス合格本科生
受講料 10万円~
キャンペーン 再受講割引

TACは受講形態が非常に多く、教室講座、ビデオブース、Web講座、DVD、資料通信等多岐に渡るので、ご自身の環境に合わせて選ぶことが可能です。

2級を取得してから時間が空いてしまっている方に向けて2級の復習講座を盛り込んだコースもあるので、不安な方はそちらのコースも手段としてアリです。

何より講義のクオリティが高くテキストも網羅性が高いので時間をかけてでも徹底的に学習したい方にはおすすめです。

資料請求はこちら

LEC東京リーガルマインド

コース パーフェクトパック
直前対策パック
公開模擬試験
受講料 11万5千円~(パーフェクトパック)
4万5千円~(直前対策パック)
4千円~(公開模擬試験)
キャンペーン 早期申込キャンペーン有
お試しWeb受講で5,000円割引

東京リーガルマインド(通称レック)は難関資格を多く取り扱いながらも合格率が非常に高いことから評判がよく、Webやスマホで動画を見られる形式だったり試験日直前の対策模試を特別開講しています。

動画が全てDL形式のため、受講日を気にする必要もなく携帯の電池が持つ限りどこでも学習できる点が非常に強みです。

講座の内容としても具体例や図を駆使しているため暗記に頼らず根本的な理解が出来るため更に上位の資格につながりやすいといったメリットがあります。

おためしWeb受講でWeb受講とスマホDL両方を観ることができ色々選べた上に5,000円割引がつくので利用しない手はないですね!

LEC東京リーガルマインド

クレアール

講義名 学習スタイル 受講料
1級講義パック WEB通信 105,000円
オプション答練資料 +3,000円
オプションDVD +25,000円
1級ストレートフルパック WEB通信 135,000円
オプション答練資料 +8,000円
オプションDVD +30,000円
1・2級マスター WEB通信 151,000円
オプション答練資料 +10,000円
オプションDVD +40,000円
簿記検定マスター WEB通信 165,000円
オプション答練資料 +12,000円
オプションDVD +45,000円
1級解答力完成パック WEB通信 40,000円
オプション答練資料 +10,000円
オプションDVD +9,000円
キャンペーン情報 早期限定割引有

クレアールの良い点はWeb受講1年延長のサポートが受けられるため、試験に合格できなくても目標検定月から最長1年間は受講可能&質問が出来ると言った点です。

講義自体も1回が1時間未満と疲れにくいカリキュラムになっており試験直前には模試も計4かいあるのでアウトプットしながら着実に実力をつけていくことができます。

更に何と、安さの面でも他の講座より群を抜いておりキャンペーンを利用すれば10万円未満で受講できる講義が揃っているので驚きです。

クレアール簿記アカデミー

オススメの講座

いくつかの通信講座を紹介させていただきましたがその中でも判断がつかない・・・という方には特に筆者がオススメできる講座をご紹介しようと思います。

クレアールがオススメ

筆者が強くオススメするのは資格★合格クレアールの講座です。

何といってもイチオシなのはその安さで、キャンペーンを毎月やっており上記の表示価格より2万円程安いので実質8万円程で受けられるのが魅力的

さらに合格率が低く数回受験が前提となる簿記1級において1年間の受講延長があるので、例えば2019年11月検定目標であれば翌年の2020年11月まで、計3回受験のチャンスが巡ってくるわけですね。こう聞くとかなり安心できませんか!?

さらになんと、分からないところは講師に聞くことが出来るのはどの通信講座でも同じだと思いますがクレアールに関していえば電話・スカイプ・メール等好きな手段で問い合わせ可能で回数も無制限、バックアップ体制が凄まじくやる気さえあればほぼほぼ合格できると言っても過言ではありません!

各コースについて

上記の表では色んなコースがありましたが、それぞれの違いについて触れておきます。

1級講義パック

スタンダードな講義パックで、2級取得者を対象としています。大半の方がこちらを受けるのではないでしょうか。

1級ストレートフルパック

スタンダードな講義に加え、マスター答練が16回多くよりアウトプットに適したコースとなっています。

簿記は演習量に比例して点数も上がるため、多少時間とお金はかかっても良いからアウトプットを重ねたい方はコチラが良いでしょう。

1級・2級マスター

簿記3級を取得した方に対して2級と1級をまとめて取ってしまおうという欲張りなパックです。

講義回数は80回ほど増えますが2級を取得してすぐに1級に移るため記憶の抜けが無くスピーディに取得できるコースです。

簿記検定マスター

全くの簿記未経験者向けのコースで3級から1級まで順次取得していくコースです。

筆者としては簿記3級を取得していない段階で1級まで受けるのは向き不向きも明確で無いためあまりお勧めしません。

1級解答力完成パック

1級の学習が一通り終わっている方や独学の方向けのパックで、計20回の答練がまとまっています。

ぶっちゃけこちらを受講するくらいなら過去問をしっかり固めたほうが・・・

独学に拘るなら独学道場もアリ!

講義はあまり好きじゃない、お金をかけたくないから独学で挑みたいという方にはTACの独学道場もありです。

こちらは自分のペースでできると言った独学のメリットを最大限活かしつつ、独学では難しいところをピンポイントで学習できると言った大変効率の良い学習方法を実現できます。

もちろん価格も控えめで、元々コスパの良いクレアールよりさらに安いので、受講メインで挑むか独学で挑むかでこの二択を選べば間違いないと思います。

受講上の注意

最後に受講をする上でいくつか注意をしてしめにしようと思います。

受講しても油断大敵

諄いようですが簿記1級は難関資格で落ちるのが当たり前の資格です。

受講することで周りより有利になることは事実ですがそこで慢心すると必ず失敗します。

最後まで気を抜かず、油断せずに走り抜けてください。

最後まで諦めない

簿記1級のボリュームはすさまじく、TACの参考書の場合、工業商業それぞれ4冊ずつ、計8冊となかなかに気が滅入ってきます。

筆者の周りでも簿記2級まで受かってその勢いで1級も受ける!と意気込んでいた友達や先輩がいましたが、大抵は受験する前に諦めてしまっていました。

広い範囲で確かに大変ですが、最後まで頑張れば必ず報われる試験だと筆者は感じているので最後まで参考書は読んで講義も受講してみてください。

簿記1級はかなりメリットが大きく大手企業でも通用する資格です。合格した後の輝かしい未来のためにも粘りましょう!

一人で解決しようとしない

勉強は孤独な作業ですが一緒に競い合える人がいるのと居ないのでは結果も変わってきます

「あいつ頑張ってるな・・・」とプレッシャーを与えられると嫌でも机に向かってしまうもので、互いに競い合い、時には教え合うことで切磋琢磨していくことが可能となります。

当サイトではSNSと掲示板を置いてあり、簡単に資格を勉強している方を探せたり、質問し合ったりできる環境にしているのでよろしければ利用してみて下さい。

SNS 掲示板

まとめ

今回は簿記1級を取り扱うスクールを紹介し、その中でもおすすめできるコースを掘り下げて良さをお伝えしたつもりです。

簿記1級を持っている方の価値は非常に高く、どの企業からもオファーを貰えることは間違いなく、加えて独立できる士業にもつながりメリットが大きいので何としても合格を勝ち取ってください!

スポンサーリンク








日商簿記1級

Posted by TS