[情報セキュリティマネジメント試験]通信講座・スクール比較!おすすめのコースやお得情報など

2019年10月27日

↓↓↓コスパ最強!筆者イチオシの通信講座↓↓↓
オンライン資格講座 スタディング
詳細はコチラ

情報セキュリティマネジメントは比較的新しい資格で情報量が少なく、独学だけでは心もとないといった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

過去問が充実していない分傾向が分かりづらく、どのように勉強してよいか分からないまま手付かずの方も多いかと思います。

そういった不確かな情報が多い中、正しい勉強をするのは非常に困難ですが、そういった状況を打破する一つの手段にスクール通信講座で受講するといった方法が挙げられます。

今回は数あるスクールや講座を比較しつつ、その中でも特におすすめできるものも紹介していきます!

情報セキュリティマネジメント試験の通信講座・スクールを受講するにあたって

スクールや通信講座は受講することで様々なメリットを受けられたり、その代償にかかる費用が発生したりします。

更に詳しく掘り下げて見ましょう。

メリット

まずはメリットです。高いお金を払って通うまたは受講するわけなので、当然メリットがなければなりませんよね。

プロの講師が徹底指導!

情報セキュリティマネジメント試験を初めとし、情報処理技術者試験の講師を務める方は基本的にその資格の保有者でありエンジニア経験だったりIT教育担当だったりと経験豊富な方が一般的です。

そのため教えるのも上手であり、試験自体にも慣れているのでどういった傾向で問題が出されるのか、受験生はどこが躓きやすいポイントかを熟知しています。

そんなプロ講師に指導してもらうことが可能で、時には個人での質問も可能なので、いつまでもモヤモヤを抱えたまま試験に臨むといった事態を避けられます。

予想問題やオリジナル問題を解ける

情報セキュリティマネジメントは実施回数が少なく、問題数が心許ないですがスクールや講座ではプレテストを実施しており今後出題されるであろう問題を予想問題として解いていくことが可能です。

試験の結果と解いた問題数は比例するので、場数を踏んで実力をつけたい場合はまず外せません。

また、中には受講しなくても破格で模試だけ受けられるような講座もあります。

モチベーションの維持に最適

講座を受講するとお金を払って学んでいるといった緊張感から、自然とやる気があふれてきます。

テキストだけ買って受験は数回後で良いや、とだらけてしまう癖がある場合は気を引き締めるためにも受講はオススメです。

デメリット

次にデメリットです。

高コスト

一つ目はお金がそこそこかかる点です。

大体どの講座を見ても2万円前後かかり、参考書と問題集だけの場合と比較すると10倍近くの費用がかかっている計算になります。

情報セキュリティマネジメント試験はレベル的にもそこまで高くなく、テキストのみでも十分に合格が狙える試験ではあるので、参考書に目を通していない方はまずそちらをさっと読んでみましょう。

読んで意外といけそう!と思ったらテキストだけで挑むのもありです。年に2回実施される試験なので、1度落ちたとしてもそこまで痛くはないので。

時間的束縛

特に独学があってる人にとって見れば時間的束縛があるのも結構ストレスがかかります。

最近ではweb講座では1.6倍速再生などもありますが、それでも遅い!と思う方も同様、まずは独学からチャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク

通信講座・スクール選びの軸

これからいくつか講座を紹介していこうと思いますが、その際にいくつか選ぶ上での重要な考え方をご紹介します。

講座を取り間違えると後悔したり合格を逃したりと良いことが何も無いのであらかじめ参考にして下さい。

体験講座がある場合は参加しよう!

講座によっては1回分の講義が無料で受けられたり、サンプルDVDが付いてくることがあります。

それらの制度は絶対に利用しましょう。

と言うのも、人によって講師やスクールと合う合わないがあり、相性が悪いと学習効率もがくんと落ちてしまうので、ミスマッチを防ぐためにもあらかじめどういった形式で講義を進めていくのか把握しておく必要があるからです。

割引情報はお見逃しなく!

同じスクール、同じ講座でも割引があるタイミングがあったり、その制度を申請するかどうかだけで料金が安くなったりすることがあります。

受講してからもっと安く受けられたという事実を知ってしまうと一気にモチベーションが下がってしまうこともあるため、あらかじめ割引情報やキャンペーン情報には目を通して起きましょう。

資料請求は絶対にしよう

割引情報や無料体験の有無、その他の有益な情報は各スクールが配布している資料に詳細に書かれています。

資料請求は完全無料なので、気になる講座があれば片っ端から申し込んでみてください!

各スクールが配布する資料が他のどこの情報よりも正確です。

情報セキュリティマネジメント試験の通信講座・スクールの比較

それではお待ちかね(?)情報セキュリティマネジメントを取り扱っている講座の比較をしていきます。

資格の大原

資格の大原のコースは手厚く初心者向けコースが多数用意されており、インプットとアウトプットをバランスよくこなしていくことが可能です。

学習スタイルも色々選ぶことが出来て、通学やWeb通信など様々なコースを選べるだけでなく、欠席した場合や途中入学の場合、通学コースでも未受講の講座を振り返ってWebで纏めて受講できると言ったメリットもあります。

スマホやタブレットで外出先での視聴も可能なので出かけ先や通勤、通学の最中に学習出来るのも嬉しいところ!

セミナー動画を見た後のアンケートに答えるだけでも入会金が割り引かれるので絶対に見ましょう!

資格の大原

資格の大原を受講してみて感じたことや口コミ情報をまとめた記事もあるので、気になる方は是非読んでみて下さい!

資格スクエア

資格スクエアの情報セキュリティマネジメント講座の強みは何と言ってもその安さにあります。

受講料はテキストを含めて1万円を少し超える程度で、他の講座と比べても圧倒的に破格だといえます。

講義回数は29回で量も十分であり、テキストは富士通エフ・オー・エム株式会社と提携した高評価のテキストでコスパ最高だといえます。

資料請求はコチラ!

TAC

情報処理技術者試験の資格を多く取り扱うTACでは情報セキュリティマネジメントの講座も非常に評判が多く、「わかりやすい」といった声をよく耳にします。

スタートラインがIパス取得者の場合でも、全くの初学者の場合でもそれぞれにあったコースが用意されており、無駄なく必要最小限の学習で合格を目指せる構成になっています。

また、公開模試や実力テストが述べ4回用意されており、それのためだけに受けても十分に価値があるといえるスクールです。

資料請求はコチラ!

iTec

iTECの通信講座ではスケジュールの確認から午前対策→午後対策→過去問→模試の5ステップで確実に実力をつけて1発合格を目指すコースが魅力で、質問制度も充実しています。

また、iTECの問題集は非常に優秀で筆者も毎回情報処理技術者試験ではお世話になっているくらいです。

最初にiTECのテキストを持っていても、後々受講する場合にテキストだけ購入しないで割引受講することも出来るので、可能であればここの問題集は持っておきましょう。

iTECの講座申し込み、テキスト情報はこちら!

オススメのスクールは?

いくつかスクールを紹介しましたが、その中でどれが特に良いか気になる方もいらっしゃると思います。

そこで筆者が受講するならここだ!と思った講座を1つ絞って紹介しようと思います。

資格スクエアがオススメ!

改めて、オススメするのは資格スクエアになります。

オススメの理由

オススメの理由は大きく分けて以下の3つになります。

講義が短く負担が少ない

資格スクエアの講義は30回弱で1回15分と非常にお手軽です。

他の講座では1回1時間~90分の講座が数十回に及んで開かれているところもあり、そういった講座は途中で集中力が切れてしまいますが、15分だと一気に集中して勉強できるので記憶にも残りやすいです。

15分といえど、必要事項のみにフォーカスしており質が高いので勉強効率は上がります。

テキストのクオリティが高い

講座が30回×15分だとどうしても量的に不安になりますよね?そんな方に朗報なのがテキストの質の高さです。

テキストは富士通グループのエフ・オー・エム株式会社と提携して作成されており、学習内容をより立体的に理解することができる様な内容になっています。

根本的な理解と実践的な知識を修得できるので、基本情報や応用情報、更に上の高度区分を受ける際の基礎作りとしても役に立ちます!

最も安い!

筆者が調べた限りでは資格スクエアの受講料が情報セキュリティマネジメント試験の中で最も安い値段でした。

安いというと不安な方もおおいかと思いますが、上にも書いたとおり質は確かなので、もし決められずに迷っている方がいたら是非、資格スクエアを検討してみてください。

資料請求・受講について

資料請求や受講は下記から申請できます。

受講上の注意

最後に、受講するうえでついついやってしまいがちな失敗などを書いておくので、筆者と同じ轍を踏まないためにも以下の点には注意してください。

受講しても安心しない

受講したからと言って100%合格するかと言われればそうは言い切れません。

しっかりと自分でスケジュールを立てて勉強しなければ得点も上がらないので周りより多少有利というだけで慢心しない様にしてください。

あくまでスクールは独学で手の届かないところのサポートと割り切り、主体的に勉強する姿勢は大事にしましょう。

午前を蔑ろにしない

セキュリティマネジメントの試験は午前午後に分かれており、スクールでは特に午後に力を入れていることが多いです。

しかし午前も60点を超えていなければそこで一発outで、午後からの採点は一切してもらえません。

午前の手ごたえが無いとハラハラしながら午後を受けるハメになり集中できないので、そういった状況を避けるためにも午前もしっかりと対策を取って万全の状態で午後に挑めるように意識して学習しましょう。

一人で行き詰ったら誰かに相談

通学の場合他の友達や講師に気軽に質問できますが、通信講座だとなかなかし辛い事もあるかと思います。

そういった環境でも誰かに聞ける場が必要だと感じたので、当サイトでは気軽に人に聞けるよう掲示板を作りました。

利用方法は非常に簡単でgoogleアカウントがあれば誰でも使用できるようにしてあるので是非役立ててください。

情報セキュリティマネジメント試験の通信講座・スクールまとめ

情報セキュリティマネジメント試験は回数が少なく対策を立てにくい試験です。

その分通信講座やスクールでは経験豊かな講師陣からの講義が聞け、有意義な時間となります。

一人で行き詰ったときやモチベーションが出ない時、どうしても1発で合格したいときは迷わず利用してみましょう。

スポンサーリンク