[ITパスポート]平均勉強時間はどれくらい?短い時間で合格するには!

スポンサーリンク




ITパスポートは国家資格の中でも取得しやすく知名度も高いので毎年10万人を超える方が受験しています。

しかしいざ受験しよう!と思った際に気になるのが取得できるレベルになるまでにどれくらいの勉強時間が必要なのか、と言った点ではないでしょうか。

今回は平均的にかかると言われている勉強時間に加え、より短期間で合格するための方法も紹介していこうと思います。

ITパスポートの勉強時間の目安

以下はネット上で言われている大体の勉強時間に関する指標です。

平均的には50時間ほど

ITパスポートの平均勉強時間は大体50時間と言われており、毎日1時間ずつ確保していけば大体2ヶ月で取得できると言われています。

ただあまりだらだらと時間を引き延ばして勉強してしまうと冒頭で学んだことが抜けてしまうことも多いので、受験する場合は1ヶ月~2ヶ月くらいに定めて期間を決めて学習したほうが良いと思います。

個人に依存する部分が大きい

ITパスポートで問われる内容は大きく分けてテクノロジ系、マネジメント系、ストラテジ系の三つに分類されます。

そこで、テクノロジに関しては情報学や数学の知識がある程度要りますし、マネジメント系は実際に社会人経験がありマネジメントに携わったかどうかでも大きな差が出る部分ではあります。さらにストラテジ系に関しては会計や財務と言った文系科目も含まれており、それぞれ得意か苦手か、前提知識があるか無いかによっても大きな差が出てきます。

そのため、人によってスタート地点が大きく異なり、平均は50時間と書きましたがほぼノー勉で受かる人も居れば100時間以上勉強してようやく合格できる場合もあります。

自分が実際にどれくらい知識があるか、どれくらいの勉強量で合格できるかはさっと参考書を流し読みしたり問題集を解いたりして見てみないと分からないことも多いです。

スポンサーリンク

勉強時間を短縮するために

前提として知識量が同じ場合でも工夫によってはいくらでも勉強時間を縮めて効率よく勉強することは可能です。

どうせ受けるなら長々と勉強時間を費やすのではなく、サクッと短時間で結果を出して余った時間を別の事に使いたいですよね。

ここでは以下の3点を頭の片隅に置いていただければ少しはお役に立てるかなと思います。

勉強方法を徹底する

長々と時間をかけて勉強しているのに一向に模試の点数が上がらない、いつまでたっても合格できない、そんなときは勉強方法を見直してみたほうが良いかもしれません。

実際に筆者の周りでも試験や勉強が苦手な方が数人いらっしゃいましたがよく観察してみるとどうして成果が中々上がらないか何となく見えてきます。

そういった状況にならないためにも正しい勉強法を頭に叩き込んでおきましょう。

教材を選ぶ

教材選びももちろん大切になってきます。

前提知識がある場合別ですが、何も知識が無い状態で学ぶことは人にとって大きなストレスになりますし、その知識を紹介している教材が分かり難ければまず継続して勉強することは不可能でしょう。

人によって合う、合わないもあると思うのでまずはテキストの選び方を紹介したうえで、どのようなテキストがあるのか一通り紹介しておきます。

いざとなったらスクールを使う

どうしても自分のペースが掴めない、勉強していて分からないところが多い、というときはスクールを考えてみましょう。

少々値段は張りますが、スクールに通うことで一定のペースを保って継続的に学習することが可能ですし、分からないところを直ぐに聞ける、現役エンジニアのプロ講師から教えてもらえると言った独学では絶対に得られないメリットもたくさんあります。

短期間で手堅く1発合格を狙うときはスクールも検討してみてください。

まとめ

ITパスポートは範囲が非常に広く、人によっては予想しなかったくらいに長期戦になりがちな資格です。

しかし取得できれば大きなメリットがありますし、国家資格なので自信にもつながります。

自分がどれくらいで合格できるのか見通しを立て、どれくらいの勉強時間で取得できるのかを見積もったうえで計画を立てて着実に取得して行ってくださいね!

スポンサーリンク