[ITパスポート]転職に有利?求人情報をまとめてみた!

2019年3月19日

スポンサーリンク




情報系の国家資格で、IT系に興味がある方、駆け出しエンジニアがまずとってみたい資格の候補にITパスポートがあるのではないでしょうか

ITパスポートは毎年10万人前後の方が受ける超人気資格でそれだけ需要があり皆さんが取りたいと思っている資格だと言えます。

筆者も数年前に取得しましたが、改めてこの資格は転職に有利なのか、求人数はどんなものか気になったので、その辺を重点的にITパスポートを持って転職したい方に向けて有用な情報をまとめて観たいと思います。

ITパスポートの強み

改めてITパスポートの強みに触れていきます。

生涯有効な国家資格

IT系の資格はベンダー資格も含めると数えきれない程あり、中には資格の名前を言われても「なにそれ?」「どんなことができるの?」と言った知名度が低すぎて何にもならないような資格もゴロゴロ転がっています。

また、必死の思いで勉強しても3年や5年で期限が切れてしまい、更新が面倒だったり再度取得しないといけないと言った制約があるものから受験料が数万円かかり高すぎて億劫なものまであります。

しかしITパスポートは経済産業省と結びつきが強いIPAが主催しており国のお墨付きであり、知名度も高く一度取得できれば生涯有効な資格です。

更新にかかる手間もなく安心して次にステップに進めるので良い資格ですよね。

システムを使う側の立場としての能力が身につく

ITパスポートは基本情報や応用情報と言った開発者向けの資格ではなく、ITを運用する、PCを使いこなす方向けの資格です。

今後ビジネスをしていく上でIT機器の利用は必要不可欠ですよね?PCを使わない仕事はまずありませんし無線やメールもまず使います。

そういったツールの仕組みや使い方、規格などを学べ、さらには今後も懸念されるであろうセキュリティについても学べるため安全の面でも受けておいた方が良い資格だと言えます。

経営・マネジメント能力も身につく

情報処理技術者試験の強みとしてはITだけでなく経営やマネジメントと言ったスキルも学べる点です。

ITというのはあくまで人の手が届きにくいものを届くために助けてくれるツールであり、ITだけを極めてしまってもいずれ頭打ちが来ます。

どんな技術力が高いエンジニアでもそれだけで成功するとは言えず、成功している人を見ていると経営戦略を練るのが得意だったり管理能力も有ったりとまさに経営力・マネジメント力が高い方が多いです。

そういったスキルや知識も一緒に学べるのは大きな強みです。

スポンサーリンク

求人数比較

ITパスポートの良さを紹介したうえで改めて、求人がどんなものか、実際にどれだけの企業が欲しているかを見て行きましょう!

マイナビジョブ 20’s

新卒時にもお世話になった方が多いと思われるマイナビですが、第二新卒者、20代の方向けの転職エージェントも運営しています。

こちらでITパスポートを条件に検索したところ以下のような結果となりました。

資格があれば未経験歓迎の求人も多く、取り敢えず資格を取ったから就職or転職したい!という方にはオススメの求人が多くありました。

20代・第二新卒・既卒の転職なら

リクナビNEXT

リクナビNEXTに関しても、リクナビには新卒時にお世話になった方は多いかと思います。

ITパスポートをキーワードとした企業数は23件と少し控えめですが大手企業の案件も多く未経験歓迎がおおくありました。

また、リクナビNEXTは一度登録しておくと新しい求人が掲載されるたびにメールが届くようになります。

ふとメールを見て気になる案件があれば飛びついてみると言った方法もあります。

登録はコチラ

Doda

約6万件もの案件を取り扱うDodaは求人ヒット数も多く、転職エージェントでは最多の194件となりました。

仕事内容もITインフラからゲーム、メーカーの社内SE等多彩で筆者も飛びつきたくなるような良条件の求人もちらほらみられました。

Dodaは登録後のエージェントのサポートもあり、面談、履歴書作成、面接の日程調整全て無料でトントン拍子に進むので何としても転職したい!という方は最初に登録すべきエージェントだと思います。

また、非公開求人も多く、資格に加えて個々の経歴やアピールポイントがあると求人が増える確率も大いに上がります。

転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。

ミイダス

ミイダスは自分の経歴やスキルを入力しながら合致する企業やオファーを求めていく少し変わったサイトです。

学歴や住居地、職歴によって左右されることもありますが、最後の所に資格を入力し、その資格も条件に含まれて反映されます。

4大卒、26歳、東京で資格をITパスポートのみにした所以下のような結果になりました。

未経験でも2,000を越える会社が求めてくれていて年収も742万円はすごいですよね!

もちろん人によってはこれ以上になる方も多いと思うので(筆者もスキル自体は最低限の物をぶち込みました)気になる方は無料診断してみると面白いですよ!

市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!

求人数に関するアドバイス

ここまでITパスポートの求人数を紹介しましたが、転職を考えている場合、その転職を成功させるためにもいくつかアドバイスがあるので紹介します。

求人数は変動する

今回掲載した求人数は2019/3/2に調べた数値ですが、時期によって求人数は変わります

特に4月、9月は求人が増え、6月や12月のボーナス前後には人が離れないため求人数が減ります。

すぐに転職する!と意気込まず登録だけしておいて時期を見極めるのも良い戦略だと思います。

どのエージェントも無料ですし、複数登録してはいけないと言った規制もありません。

チャンスを増やすためにも手あたり次第登録するのもアリです。

IT業界特化のエージェントに登録するのもアリ

今回紹介したエージェントはすべて大手の誰でも知っているようなエージェントばかりでした。

しかし中にはIT系の求人だけを取り扱う転職サイトもあります。

詳しくは下記ページにまとめたので一度目を通してみても良いかもしれません。

扱う求人が絞られている分一人一人への対応も手厚く、成功率も高くなっています

最後は1つに絞る

魅力的な求人が多いと舞い上がってしまいますが、影分身の術を使えない限り最終的に行ける会社は1つです。

通信業界に行きたいのか、ゲーム業界に行きたいのか、はたまたメーカー企業で社内SEとしてのんびりしたいのか、そういった軸をもって転職活動するようにしましょう。

加えてせっかく絞った会社に応募しても落ちてしまっては資格を取ったのに・・・と無力感に襲われます。そうならない様にもありとあらゆる情報網を駆使し、何をしておくべきかを念頭に置いておきましょう。

Iパスを取得するには

改めて求人情報を見て、是非取りたい!と思った方もいらっしゃると思います。

Iパスは比較的取得も簡単な資格ですがテキストやスクールをお考えの方もいらっしゃると思うので、その辺をまとめておきます。

テキスト

参考書や問題集と言ったテキストの類は最新版を購入してください。

特に技術の革新が目覚ましいIT分野の話になるので数回前のテキストでは太刀打ちできないこともあります。

詳しくは下記ページに色々まとめてあるのでご一読ください。

スクール

通信講座も中々モチベーションを保てない方やすぐに質問して問題解決したい方におすすめできます。

スクール情報は下記に纏めているので、こちらも(ry

Iパスの通信講座はどこも安いところが多いので、自信がないなら2度、3度落ちて再受験するより1発でキメてしまった方がお金も時間も節約できることが多いです。

資格を無駄にしないために

どんなに良い国家資格でも使い方次第では腐ってしまいます。

そうならないよう、資格を最強の武器にできるようなアドバイスをしていきます。

プラスアルファがあるとさらに強い

ITパスポートだけでももちろん大きなアピールポイントですが、加えて何かあるとさらに転職は成功すると思います。

例えば前職が経理で、IT系の知識を得たので会計関連のソフトを作る会社に入りたい!等。

特に未経験でIT業界に飛び込む方は前職の知識やスキルを組み合わせられる可能性も大きいのでさらに世界を広げられないか考えてみると良いでしょう。

資格取得が内定に直結するわけではない

どんなにその資格を求める求人数が多くても、それが免罪符になって資格を持っているから文字通りパス出来るとは限りません。

資格だけでなく、どうしてその求人に応募したか、何がしたいか、ちゃんとコミュニケーションできるかと言ったところも当たり前ですが見られます。

国家資格を取得したからと高を括らずに面接に臨みましょう。

意外と使える局面は多い

ITパスポートというとIT企業!と思ってしまうかもしれませんが、冒頭で触れたようにITを活用するビジネスの場はかなり広がっており、IT企業だけでなくていろんな場所でその知識を活かすことができます。

筆者が最初にお世話になった会社は化学系の会社でしたが、そこでもIT関連の知識は重宝されていたので、IT分野に拘らず視野を広げることでチャンスが舞い降りてくることはあると思います。

勝てるところで勝つ、あえて周りのレベルの高いIT業界に行かずにITに疎い人が多いところでITの知識を活用する戦略もアリですよ!

上位の資格を受けてみる

ITパスポートに合格して余力があればその上の基本情報を受けてみるのも良いと思います。

内容としては意外と被っていることが多く、0からだったり時間が空いてから勉強するよりは遥かに短期間で合格できるでしょう。

そして何より基本情報は知名度が高く、Iパスよりも求人数も多くなっています。

ご参考までに基本情報の求人数もまとめているので気になる方は覗いてみてください。

まとめ

ざっとITパスポートに関する転職情報や求人情報をまとめさせていただきました。

ITパスポートの取得を考えている方、いざ取得してみたからどんな求人があるか気になって来た方、色んな方がいらっしゃると思いますが、資格は今後の人生にプラスになる要因に間違いはないので、上手に活用して自己実現に繋げてくださいね!

また、エージェントはすべて無料登録可能で、手厚いサポートもあるので気になる方は是非登録していってください!

スポンサーリンク