[ITパスポート]講座・スクール比較!おすすめのコースやお得情報など

2019年3月19日

スポンサーリンク




資格の勉強をするときのモチベーション維持の方法の一つに講座を受けたりスクールに通ったりする方法が挙げられます。

なかなかやる気が起きなくても周りが勉強していれば焦燥感に襲われ自分も自然と机に向かってしまうものです。

今回は情報処理技術者試験の中で最初に取るべき資格ともいえるITパスポートについて、おすすめの講座スクールを紹介していこうと思います。

講座・スクールのメリット・デメリット

初めに、講座やスクールを受講することのメリットデメリットについて触れておきます。

メリット

最初にメリットです。講座を受けるためにはお金が必要で、それに見合った恩恵がなければそもそも受ける価値がありません。

ここでは対価として得られる物を列挙していきます。

周りが見えるから刺激になりやすい

冒頭にも触れたように、講座やスクールに参加すると周りも資格を取るために集まった目的意識の高い人たちがたくさんいます。

そのため家でダラダラと勉強してて結局手につかなかった・・・などと言った事態を避けることができて非常に有意義な時間を過ごせることになるでしょう。

また、ライバルなどが出来れば「負けてたまるか!」と言った意気込みができ、勉強に一層熱が入ります。

分からないところがすぐに聞ける

分からないところがあった場合、独学だといちいちネットで調べなければなりません。それで模範回答が得られれば良いですが、なかなか答えにたどり着けなかったり、その答えが本当に正しいの?と不安になることもあるかと思います。

その分スクールや講座では講師がいるので直ぐに聞くことができて答えを得やすくなります

このレスポンスの速さや答えの正確さだけでも時間が短縮できて不安解消になるので大きなメリットと言えるでしょう。

スケジューリング不要

資格を勉強するときは一番大事なのがスケジュールです。試験日から逆算して今日はどれくらい勉強すればいいと言った指標を決められれば良いのですが、それを一人でやるとなると非常に難しいです。

しかし講座やスクールでは全て向こうで調整してくれるので、ただ参加して決められた時間に決められたことを学習していけばいつの間にか実力がついています。

デメリット

次にデメリットも触れておきます。

中には講座を受講せずに独学の方が向いている人もいるので、そういった方はわざわざ受講する必要はありません。

時間的な拘束

一つ目は時間的な拘束です。ある程度勉強の習慣ができている人や前提知識がある人にとっては講座のテンポが遅すぎて自分のペースでやったほうが早く学習できると言った人も多いでしょう。

また、社会人や学生で開講時間には仕事やバイトが入っている方も中々受講しづらいと言った点が挙げられます。その場合は通学するのではなく、web講座で後々授業を閲覧すると言った受講スタイルにしないといけない場合もあります。

金銭面

受講には何よりお金がかかります。ITパスポートの場合はそこまで高くありませんが、それでも1万円以上はかかる事でしょう。

参考書や問題集を自分で買ったり、Webだけで勉強する場合はもっと安く抑えられるので、お金を払ってまで勉強したくないという方は最初にWebで勉強して無理そうだったら受講に切り替えると言ったパターンの方が良いと言えます。

スポンサーリンク

講座の選び方

次に講座の選び方です。

ITパスポートを取り扱っている講座は非常に多く、万人に合う講座を見つけるのはなかなか困難です。

一人ひとりが自分に合った講座を見つけるためにも、その方法としてどんなものがあるかをご紹介していきます。

キャンペーンを狙っていこう

まずは合う合わないより、いかに安く受けられるかについてです。どんな講座であれ、受講するのであれば安く受けたいものですよね?

そこでまず目を向けるのがキャンペーン情報です。

いくつかの講座では期間限定で割引キャンペーンを行っていたり、他の講座を受験していればさらに割引が受けられたりとお得なキャンペーンが頻繁に行われています。

この情報を知らないと、受講してから改めて見てもっと安いのあったのに・・・と言った後悔することを避けることができます。

自分の状況に合わせた受講スタイルで

先ほども少し触れましたが、学生だったり社会人だったりの関係でスクールに通えないと言った方もいらっしゃるかと思います。

そういった方の場合は通信講座で受けると言った受講方法もありますし、中には講座は良いから模試だけ受けたいと言った方もいらっしゃると思います。

そういった要望に対する講座も開かれているので、自分に合ったスタイルで無理なく受講できるようなコースを選択しましょう。

資料請求は絶対にしよう

気になるスクールの正確な情報を仕入れるには各スクールが発行している資料を見るのが一番です。

特にお得なキャンペーン情報や新たなコースが開講された場合は資料に載っているため他のどのメディアが掲載しているものよりも迅速で正確な情報が得られます。

各資料は送料を含めて無料なため、気になる講座に関しては片っ端から資料を請求してください。

スクール・講座の比較

改めて、それぞれのスクールの比較をしていきます。

大栄

大栄では映像視聴形式の講座が主で、各回毎に理解度チェックや小テストを行うため着実に実力をつけていくことができます。

各カテゴリの学習終了後と最後の仕上げにもアチーブメントテストを行うため度々実力を測るだけでなく苦手なところを洗い出すこともできるので合格を目指すだけでなく、その上の基本情報につながる力もつけることが可能でしょう。

資格スクール大栄

資格の大原

資格の大原のコースはIT自体にまったく詳しくない初心者の方を対象とした手厚いコースが用意されておりインプットとアウトプットのバランスを考慮した講座が用意されています。

学習スタイルとして通学、Web通信など様々なコースを選べるだけでなく、欠席した場合や途中入学の場合、通学コースでも未受講の講座を振り返ってWebで受講できると言ったメリットがあります。

スマホやタブレットでの視聴も可能なので出かけ先や通勤、通学の最中に学習出来るのも嬉しいところ!

資格の大原

資格スクエア

資格スクエアの特徴としては講座回数は43回と多いものの、1回あたりの時間が15分、さらに受講料10,000未満という短時間・低価格で受講できる大変効率化を目指した講義になります。

その分クオリティが劣るのでは?といった懸念が生まれますが、決してそんなことはありません。

講座を受講するとついてくる教材は教材制作で最高ランクの評価を受けている富士通エフ・オー・エム株式会社と提携しており、確かなクオリティの高さが保証されます。

合格者のビッグデータに乗れ!【資格スクエア】の学習システム!

フォーサイト

フォーサイトの形式としては6割を目標として、取り敢えずギリギリでも良いので最低限の勉強量で最短の合格を目指すと言ったコンセプトから、重要事項に絞って徹底的に学習できる講座・テキスト構成になっています。

24時間サポート体制も整っており、分からない箇所はメールで対応20回までは無料で聞けるのでその点も嬉しいです。

そしてなんと、受講中に見事合格するとamazonギフトがもらえるのだとか。詳しくは資料請求より確認してください。

2017年度の合格率は全国平均の1.68倍!短期間でITパスポートに合格できる話題の勉強法とは?

ユーキャン

資格を取り扱うスクールで真っ先に名前が挙がるのがユーキャンではないでしょうか。

ユーキャンでは教育訓練給付制度が受けられるため、比較的安く受講できるだけでなく長年のノウハウが蓄積されているので講座のクオリティも勿論高いです。

2019年より出題範囲が拡大されるため現在休校中です。

再度開講次第こちらのサイトでもその旨をお知らせいたします。

ユーキャンのITパスポート講座

おすすめは?

と、ここまでは様々な講座をご紹介しましたが結局どれが良いか決まらない・・・と言った意見も出ると思います。

そこで条件や合格者の声を参考に筆者が最も良いと感じた講座を一つ絞ってご紹介しようと思います。

ただしあくまで一個人の判断であり、一人ひとり条件が違ってくるのでその点はご容赦ください。

フォーサイトがオススメ

改めてお勧めできるスクールはフォーサイトです。

ITパスポートの通信講座=フォーサイトと言われる程有名で、一度はどこかで見たことがある方も多いのではないでしょうか。

下記ではその理由を掘り下げて書いていきます

おすすめできる3つの理由

理由は主に3つです。

デフォルトで通信講座

まずフォーサイトの受講形式はデフォルトで通信講座なので誰でも時間を見つけて受講することができます

スマホやタブレットでも見ることができるので寝っ転がりながらリラックスして見たり、移動中に時間を有効活用して学習を進めたりと自分に合った勉強をすることができます。

重いテキストを持ち歩かずに普段使い慣れている端末1つで勉強できるのは非常に嬉しいところです。

クオリティが高い

合格率が非常に高く、受講者の平均合格率は毎回80%を超えているところが魅力です。

実際に筆者も体験動画を見たことがありますが、テキストと違い適せん図や表を使って解説しており非常に理解のしやすい講義でした。

落ちても大丈夫

講義を受講する際はeラーニングに限らずDVDで受講することもできます。

その場合は万が一落ちてしまったり色んな条件が重なって受講期間中に履修しきれなくてもそのあとからDVDを通じて学習することが可能です。

実質半永久的に受講できるようなものなので、期限が決められている他の講座より安心して受講することが可能です。

もちろん、出題範囲は度々更新されることがあるので極力早く合格してしまうのがベストですが。

資料請求・受講はコチラ

資料請求・受講は下記より簡単にできます。

受講をする上での注意点

受講する上での注意点やアドバイスについて書いて終わりにしようと思います。

受講しても安心しない

良くいらっしゃるパターンで、テキストを揃えたり受講したら合格した気になって勉強しなくなる方がいます。

確かにスクールに通うことで他の方より勉強の効率は上がりますが、もともとの勉強量が0では意味がありません。

気がついたら試験直前だったけど何もやっていない・・・なんてことにならない様に、試験日から逆算してスケジュールを立てて学習を進めるようにしてください。

最後までやり遂げる

Iパスは学習分野も広く未経験者が勉強をしていく過程でその量に圧巻されてモチベーションが途切れてしまうかもしれません

しかしスクール代でかなりの費用を払っているはずなので、受験する意思がなくなっても取り敢えず最後まで教材に目を通すようにしましょう。

Iパスの学習内容は情報系だけでなく、マネジメントやストラテジ等経営部門や管理部門でも活躍できる知識がそろっており、いずれ役に立つ場面が来るはずです。

一度触れておけば二度目のインプットはスムーズにいくので、少しでも無駄にならないようお金を払った分は取り返すつもりで臨みましょう。

勉強仲間を作ろう

出来ることなら一緒に勉強できる仲間を作るとモチベーションの維持が出来ます

通学を選ぶ場合は同じスクール内の受講生に声をかけてみましょう。

また、通信のみの場合は完全に孤独な作業になってしまうので、それを避けるためにもSNSやアプリ、掲示板を活用しましょう。

当サイトでは気軽に使えるSNSと掲示板を用意しています。

SNS 掲示板

利用も非常に簡単なのでルールを守ったうえでご活用ください!

まとめ

今回はITパスポートの講座やスクールに関する情報をまとめさせていただきました。

いずれの講座もお金が関係してくるので安易に決めず、資料請求をしたり、体験講座を受けてみて自分に合うものを見つけてから受講するようにしてみてください!

スポンサーリンク