[基本情報技術者試験]転職市場価値は?求人情報をまとめてみた!

2019年3月19日

スポンサーリンク




IT系の国家資格の中でもかなりポピュラーな資格として基本情報技術者試験があります。

メジャーなだけあり転職やキャリアアップにも有利とされ、人気資格ランキングでもいつも上位に食い込む資格の一つです。

筆者も未経験でIT業界に挑戦したいことがあり、この資格を必死に勉強していた時期がありました。

今回はこの基本情報が転職の役に立つのか、ちゃんと求人情報があるのかどうかについて突き詰めていきたいと思います。

基本情報技術者の強み

最初に基本情報技術者の強みを再確認しておきましょう。

メジャーな資格

基本情報技術者試験は国家資格で企業が求めるランキングでも各通信講座の受講者数ランキングでも常に上位に位置している人気資格になります。

そのため知名度が高く、基本情報技術者であると話すと「PCに詳しい人」「情報系が得意な人」といったように扱ってもらえます。

エンジニアとして必要な知識を一通り学べる

試験で問われる内容はプログラミングに加えネットワーク、データベース、コンピュータアークチャ、セキュリティと言った幅広くエンジニアに必要な知識を一通り学ぶことができます

これらの幅広い知識は仕事上でも役に立つことが多く、プログラマでもネットワークも詳しい、ネットワークエンジニアでもDBに詳しいと間違いなく強みになります。

色んな仕事につながる

今IT系のスキルがある人は非IT系企業でも需要が高く、あらゆる場所で引っ張りだこです。

AIの発達やコンピュータの普及によりコンピュータなしで回っているところは減ってきているのではないでしょうか。

筆者が勤めていた企業も田舎の昔ながらの企業でしたが、最近では色んなシステムを取り入れ始め改革が起きていました。

そんな中での基本情報のスキルは絶対に役に立つと断言できます。

スポンサーリンク

求人比較

基本情報技術者の強みを知れたところで改めてどれくらいの求人があるのかを見て行きましょう!

マイナビジョブ20’s

20代、第二新卒者向けに用意されたマイナビジョブ20’sでは70件ほどの求人がありました。スタートアップ企業や外資系企業など挑戦できる企業もあれば安定した大手企業の求人もあるので選択肢が多いのが良いですね!

検索するときにこだわり検索や勤務地、雇用形態なども詳しく選べるのでサイトの使い勝手も良いですよ!

マイナビジョブ20’s

ワークポート

ワークポートは元々IT専門の求人を取り扱うサイトでしたが、2014年に総合エージェントとなりました。

しかしIT専門の求人を取り扱っていた名残が強く、そちらの案件が多いのが特徴で、基本情報を調べてみたところ175件ものヒットがありました。

勤務地も東京や大阪と言った都心だけでなく地方も多く近場で探したい、と言った要望がある方も登録する価値が大いにありそうです。

書類の添削や、面接対策、年収交渉はもちろんの事、円満退職までサポートしてくれるので手厚く安心できますよね!特に退社時はトラブルになることも多く、その辺の対応方法も教えてくれるので嬉しい限りです!

IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職コンシェルジュ【WORKPORT】

Doda

転職サイトの中でも超大手のDodaですが、基本情報を求人条件にしている企業は449件も見つかりました。

規模が大きいだけあり豊富な条件がそろっているように感じます。

因みにDodaは非公開案件が多く、この条件には含まれていないため人によってはさらに増える可能性もあります。

また、Dodaは一人ひとりに担当者が着き、新しい求人や希望に一致する求人が掲載されるたびにメールで紹介してくれます。

気軽な気持ちで登録しておいて気に入ったのがあれば応募してみると言ったスタンスでも十分通用するので興味があれば登録してみてください。

転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。

ミイダス

ミイダスは自分の職歴や業務内容、勤めていた会社の規模などを入力していくことで条件に合う会社と年収をを絞って行ってくれるサイトです。

筆者の場合だと4年制大学の学部卒、26歳、東京住みで資格を基本情報技術者試験にしてみたら以下のような結果でした。

2,000以上の企業が条件に合致しているとのことで、非常に自信がつきますね!

人によってはもっと良い条件になると思うので、気になる方は遊び感覚でやってみると面白いと思います!

面接確約!転職するならMIIDAS(ミイダス)!

転職の際のアドバイス

基本情報技術者を持っていることで数多の求人がある事をお伝え出来たかと思います。

もし基本情報を持っていて転職を考えている場合、より成功率を上げるための方法があるのでお伝えします。

タイミングが重要

この求人数は2019/3/2に調べたものですが、時期によっては大きく変動することが考えられます。

特に離職者が多い4月に入るとぐっと上がり、逆に12月あたりはがくんと減ります。

また、常に良い企業の求人が出ているとは限らず、いつ良い条件が出てくるかは常にアンテナを張っていないとわかりません。

メールなどで求人情報が届く様にしておいてタイミングよく応募できるようにしておきましょう。

IT特化の転職サイトも活用

今回調べたのはIT系の企業だけでなく様々な業界の求人を取り扱ういわゆる総合エージェントでした。

IT特化の転職サイトもいくつかあり、そちらの場合はさらに良い条件だったり非公開案件がある事もあります。

以下のページでそれらの情報をまとめているので是非ご活用ください。

行きたい企業を絞る

案件が色々あってもその中で行ける企業はたった1つです。

予めこの企業に行きたい、この業界に行きたいと決めておくと情報に翻弄されることなく選ぶことができます。

大抵の求人サイトではジャンルや仕事内容を絞る機能があるので活用して下さい。

基本情報を取得するために

まだ基本情報を取得できていないけど、この求人数を見て是非取りたい!と思われた方は当サイトでテキストなどの情報をまとめているのでそちらも参照して頂ければと思います。

テキスト

テキストは色々ありますが、とにかく最新のものを選びましょう。

少し前の技術は枯れてしまって出てこない、それが基本情報の世界です。

どの参考書がオススメかは下記で詳しくまとめているので是非見てください!

講座

基本情報技術者試験のレベルになってくると独学ではきつく、中には通信講座を利用する方もいらっしゃるかなと思います。

基本情報を取り扱う通信講座は多く、迷われることもあると思うのでこちらもしっかりと情報をまとめておきました!

お得な受講割引などについても触れているので見落とさないでくださいね!

プログラミングスクール

基本情報技術者試験の最も難しい所はプログラミングです。

100点中40点はプログラミング関連の問題で、ここが出来ないと後全て満点でなければ合格できないと言った鬼畜難易度になるのでプログラミングは別途対策する必要があります。

プログラミングだけ個別でスクールに通って習うのもアリで、その後資格だけでなく実務につながるスキルを得ることができます。

ワザワザ資格の為に高いお金を払って入学するのも・・・という方には朗報です。ほとんどのスクールでは卒業後にIT企業への転職活動もサポートしており将来像を掴みやすくなります。

中には資格を取ったけど就職失敗した・・・という方も居るので、そういった事態を避ける意味でも利用してみる価値は大いにありますよ!

資格を充分に活用するには

資格を取ったけど就職失敗した人もいるという話題が出たので、最後に資格を十分に活用する方法をご紹介します。

資格はあくまでツールの一つで、それがあれば必ず上手くいくと言った保証はありません。

最後は保持者にゆだねられるのでうまく活用していきましょう。

非IT系でも活躍できる

まず、基本情報はIT系の資格なのでIT企業に絞って就職される方が多いです。

しかし実際はIT機器の普及もあり、いろんな場所で需要が高いためIT企業に拘らずに視野を広げてみることも大事です。

金融業界でのシステム化ももちろんそうですが、メーカーの社内SEとして入社できれば自分しか知らない状態になるので活躍できることは間違いなしですよ!

組み合わせが大事

ITは他の分野と組み合わせることで真価を発揮します。

事務作業を自動化して作業時間を減らす、危険作業をコンピュータで制御して安全にする等と言った事が出来るようになり、今までIT系ではなかった人の知恵や経験が問われることもあります。

未経験だから・・・と自信なさげにふるまうのではなく、今まで経験していたこんな場面でITを活用できると柔軟な思想を持つことで新たなことが切り拓けるでしょう。

上位の資格にも挑戦しよう!

基本情報の上には応用情報や高度区分の資格が多数あります。

基本情報も勿論評価の高い資格ですが、さらにその上の資格を取得できれば希少な存在になれるので、余力があればとってみるのも良いでしょう。

まとめ

今回は基本情報技術者試験の転職市場での価値の上げ方と求人数について紹介させていただきました。

資格を有効に使いこなすことで自分をさらに良い条件にもっていくことが可能ですし、もしもの時の保険にもなります。

ここで紹介したエージェントはどれも無料で手厚いサポートをしているので、気になる方は是非登録してみてください!

スポンサーリンク