[応用情報技術者試験]通信講座・スクール比較!オススメの講座情報も満載です!

2019年8月20日

スポンサーリンク




応用情報技術者試験は範囲が非常に広く、加えてデータベースやネットワークは未経験で独学の場合なかなか理解が難しい場合があり、体系的に誰かに説明してもらいながらでないと効率よく勉強できない場合もあります。

そういった悩みを解決する一つの手段に通信講座スクールの受講が挙げられます。

講座はお金こそそれなりに掛かりますが、受講するとしないでは効率に大きな差が生じ、筆者も通信講座を受講したおかげで働きながらでも無事合格することができました。

今回は講座選びのコツと、実際にどういったコースがあるのかをご紹介していこうと思います。

受講のメリットデメリット

受講することによって得られるメリットとデメリットがあります。それぞれを見比べた上で受講するかどうか決めましょう。

メリット

まずはメリットです。高いお金を払って時間も費やし学習するわけですからそれなりの見返りが無いと受講する意味が無いですよね。ここでは実際に筆者がAPの試験を受験する際に受講して感じたことを書いていこうと思います。

学習効率が跳ね上がる

一つ目としては学習効率が跳ね上がることが上げられます。

教える側の講師は今まで幾許もの受験生を合格に導いてきた指導のプロであり、受験生がどの当たりで躓きやすいのか、出題者側はどういった所を問いたくて、どういう答えが欲しいのかを熟知しています。

特に情報処理技術者試験の場合、出題形式に癖がありその辺の攻略法も徹底的に教えてもらえるため、独学で進めるより圧倒的に学習の質が上がり短時間で合格につながりやすいです。

あいまいな概念を根本的に理解できる

情報処理技術者試験の午前の問題が毎年使いまわしのため、受験生は意外と記憶に頼ってしまいがちになります。

ただ、それだと根本的な理解や計算力が必要な午後には太刀打ちできず、曖昧なまま受験を迎えてしまうことになりかねません。

受講していれば講義でどうしてそうなるのか、どのような手順で考えていけばいいかも図を用いて懇切丁寧に解説してくれますし、それでも分からなければ個人で質問することも可能です。

テキストだけでの学習よりもはるかに理解が進みますね。

モチベーションの維持につながる

お金を払って講義を受けている、周りに勉強している人がいることを実感できる。これらの要因があるとモチベーションの維持に十分つながります。

テキストだけでの勉強は孤独になりがちでついつい弛んでしまう事もあるので半強制的に勉強できる環境は貴重です。

デメリット

もちろん、受講する上ではメリットだけではありません。それなりにデメリットもあるのでメリットとデメリットを天秤にかけ、慎重に選ぶようにしましょう。

高い

応用情報技術者試験の講座はどこも高く、10万以上は覚悟しておいたほうが良いです。

独学で済ませられる場合は1万円以内に抑えることも可能なので、特にIT業界の方や基本情報まで受験しており自身がある方はまずはテキストを読んでみて独学で出来ないか試してみましょう。

オススメのテキスト等は以下で紹介しています。

逆に筆者のように自信がなかったり、非IT系でいきなり応用情報に挑戦するような方は受講したほうが時間的な意味で圧倒的に有利だと感じています。

落ちたときのリカバリが利かないことも

1回の受講で無事合格できれば良いですが、APは合格率20%を切る事もある難関資格です。

受講したからといって絶対合格できるわけではなくその際に受講期間が切れてしまうと質問やサポート、講座が受けられないといったデメリットも生じてきます。

そういった事態を避けるため、可能であれば長めに受講できる講座や落ちたさいもサポートが継続できる講座を見つけておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

講座の選び方

講座を選ぶ上での選び方についても触れておきます。受講してから後悔しない方法だったり、お得に受講できる方法もあるので必見ですよ!

自分にあったスタイルで

受講形態としては通学、web、DVD等講座によって様々です。

通学の場合は回りに同じ試験を受けるライバルもいるためモチベーションアップにつながりますし、講師も目の前にいるので講義の後で質問することが可能といったメリットもあります。

一方web講座の場合は社会人や学生で忙しい方もスマホなどを用いて短い時間で効率よく勉強できるといった点がうれしく、DVDだと万が一試験に落ちてしまったり、期間内に受講出来なかった場合に受講期間が過ぎても媒体が手元に残るので何度も講義動画を見れるといったメリットがあります。

どの形態も良し悪しがあるので、自分が最も重要だと思う要素を軸にして形態を選ぶようにしましょう。

お試し受講が出来るなら絶対に!

百聞は一見に如かずというように、どんなに文面で各講座の魅力を紹介しても実際に受講してみないと本当の質を知ることは出来ません。

スクールによってはお試しで1回分無料で受講できるところもあるので積極的にその制度は利用していきましょう。

また、実際に受講した方の口コミなど、生の声も大切です。

資料請求は必ずしよう

気になる講座があったら絶対に資料請求はしましょう。

資料の中にはお得な割引情報や受講形態、コースの詳細などが書かれており、ネット上のどの情報よりも最新で正確です。

筆者も一度、資料を取り寄せずに受講して後から割引情報があったことを知ってがっかりした経験があるので、そうならないためにも気になるところの資料は絶対に取り寄せて下さい!

講座の比較

APの講座はかなりの数がありどこが良いか分からなくなってしまう方もおおいかと思います。

それぞれのスクールに特色があるので、それらを踏まえながら紹介していこうと思います。

資格の大原

資格の大原は用意されているコースが初学者向けと受験経験者向けに別れており、現在の地点から最短で合格できる他のカリキュラムが組まれています。

受講形式もwebと通学が用意されており、スピード再生機能を使えば1.6倍速などで受講できるため学習時間を短縮することも可能です。

割引制度も充実しており、元の価格も平均と比べてやすい7万円台なので受講候補の一つです。

資料請求はコチラ

資格の大原に関しては実際に受講した感想や他の方の口コミをまとめた記事も用意したので、気になる方は合わせて読んでみて下さい!

ユーキャン

ユーキャンは反復学習に重点を置き、隙間時間を活用して効率よく勉強できるよう字幕付き動画が配信されており、周りの音を気にせずに学習できるようなつくりになっています。

教育給付制度も利用することが出来てお得に受験できる場合があるので、資料請求は忘れずに行ってください。

応用情報のページはこちらです。

案内資料のご請求

TAC

TACでは初学者コース、基本情報保有者コースに加え、午後試験のみの突破に重点を置いた上級コースもあります。

アウトプットに力を入れており、特に筆記で記述力を求められる応用情報ではこのような午後に入れた講座はありがたく、試験に直結する力を得ることが出来ます。

他の講座よりも少し高いですが、それを補う質と量があることは保証します。何を隠そう筆者もAPではTACを受講したので。

資料請求はコチラ

iTEC

iTECの講座は料金が低めでお財布にやさしいコースが充実しております。

また、単発で模試実施していたりテキストを販売しておりこれらは受講生でなくても料金さえ払えば利用できるので力試しをしたい場合はオススメです。

ちなみにテキストに関しては問題集が分野ごとにまとめられており自分の向き不向きを見つけやすいのでオススメです。

受講・テキストはコチラ

最もオススメは?

一通り応用情報技術者試験の講座を扱っているスクールを紹介いたしました。

その中でも特にオススメなのがどれか気になる方もいらっしゃると思うのでご紹介させていただきます。

一番は大原

一番オススメできるのは資格の大原です。

TACを受講したのならそこはTACを推せよといった突込みが来そうですが、実際に自分がTACを受講したときの様子と大原で受講して合格を手にした友人の話を統括して大原のほうが良いなと感じたので、その点を掘り下げて書いていこうと思います。

受講料が安い

応用情報技術者試験は範囲が広く、講義回数も多いため受講料が高くなり大抵10万円前後になってきます。

しかし大原の場合は7万円前後と他の講座より3割ほど安くお得で、更にここから割引キャンペーンによって安くなることもあるので財布に対して負担が少ないです。

テキストが分かりやすい

受講するテキストをチラッと見せてもらったことがあるのですが、非常に分かりやすくまとめられており、テキストだけでも十分勉強できるイメージでした。

講義によってはオリジナルのテキストが用意されていても難解で結局別のテキストを買いなおさないと理解しづらいなんてこともあるのでテキストが分かりやすいというのも非常にプラスのポイントです。

最短での合格

応用情報技術者試験の範囲は広いと書きましたが、大原では基本講座の回数が22回しかありません。

それだけ聞くと量的に大丈夫なの?と不安になりがちですが、大原ではどの分野のどの問題が重点的に出題されているかを徹底的に分析したうえで講義が組まれており、試験での的中率も非常に高いものとなっています。

講義の回数が多すぎると中弛みすることもあり、22回は手ごろに受けきれる回数でさくっと学習できてしまうのでテンポよく学んでいけます

また、公開模試を含めた3回のテストで本番の雰囲気や問題のレベル、出題形式も体感することが出来るので結果につなぎやすくなっています。

資料請求について

資料請求は下記から可能です。

資格の大原

受講の際の注意点

受講する際にいくつか注意点を書いておきます。

受講=合格ではない

受講するとそれだけで安心してしまって勉強が進まなくなってしまっては本末転倒です。

受講した段階ではあくまで周りに比べて有利になるだけであって合格が確定したわけではないので要注意。特に応用情報は8割り近くの方が落ちる難関試験です。油断していると簡単に足元をすくわれるので肝に銘じておいてください。

途中であきらめるのはもったいない

受講を申し込んだものの合格できる気がしない、受けたけど合格できなかった、などといった理由で完全にあきらめてしまうのはもったいないです。

筆者も一度受講したもののその回では合格できずに絶望していましたが、その後も根気よく続けたら次の回で見事に合格を果たすことが出来ました。

APは非IT系でも諦めずに根気よく続ければいずれ突破できる試験なので、途中で投げ出さずに合格できるまで粘ってみましょう。

一人で挫折しそうなときは

特に通信講座やDVDでの受講は一人で勉強するためモチベーションが続きにくくなります。

そんなときは回りに刺激を与えてくれる人や相談に乗ってくれる人がいるとやる気がグッと上昇するものです。

当サイトでは資格専門の掲示板を設置しているので、よろしければ是非役に立ててください!

まとめ

応用情報技術者試験の講座を取り扱っているスクールは意外と少なく、選択肢も限られています。

その分迷うことも少ないかと思いますが、自分に合う合わないをしっかりと見極めたうえで受講するようにしましょう。

自分にあった講座を見つけられるかどうかが合格への一歩です。

スポンサーリンク