IT系のおすすめ資格!これさえあれば未経験でもエンジニアになれる!

2019年11月4日

今回はIT系に絞ってとっておくべきおすすめ資格をご紹介します。

IT系の資格と一口に言ってもプログラミング言語においては簡単なweb言語から始まり本格的なjavaやC、ネットワークにおいてもシスコからネットワークスペシャリスト、データベースは云々オラクルマスターからデータベーススペシャリスト・・・といった具合に様々な資格が実に幅広く存在しています。

なので自分がIT系の中のさらにどの分野に重点を置いたエンジニアになりたいかでおすすめできる資格が変わってきます。

この記事では各分野の中でも特におすすめできる資格をピックアップして紹介するので、自分の就きたい職or伸ばしたいスキルの分野を参考に見てみてください。

それぞれの資格、スキルの求人数も各資格ごとに表記させていただきます。(2019年11月現在、DODAより)

未経験でも資格があればIT系に行ける?

最初に、未経験で全くIT関連の職場で働いたことがなくてもIT系の仕事に就くことが出来るのかといった疑問にお答えしようと思います。

実績が大事とは言うものの・・・

筆者も実は未経験でシステムエンジニアの仕事を探していたことがあるのですが、大抵のエージェントや転職サイトからは実績がないと難しい、就けたとしても最初は非正規雇用だったり特定派遣しかないと言われて絶望していた記憶があります。

確かに実績が大事というのはわかりますが、未経験で実績を作るというのは支局困難です。いったんプログラミングスクールに入って何かしらのポートフォリオを作成してアピールするという手段もなくはないですが、お金の面でも時間の面でも結構費やす必要があるため敷居は高いように感じていました。

資格は強いアピールポイントになる

実績は無くてもその業界に興味がある、多少なりとも知識や技術はある!とアピールできる手段の一つに資格があります。

筆者も一念発起して勉強を開始し、未経験から応用情報技術者試験に合格しましたが、それをばねに大手のIT企業(ソフトウェアの自社開発)から内定を頂けた経験があります。

もちろん資格だけで合格できる世界ではありませんが、資格が取れたことは大きなきっかけだったように思えます。その時の流れは以下にまとめています。

転職サイトに登録しなければ始まらない

いずれにしても転職サイトに登録して求人を見ない限りは資格をとっても取れなくても未経験でIT業界にチャレンジできません。

筆者がおすすめするのは次の2社です。登録~内定まで全て無料で可能で、どちらも手厚いサポートを受けることが出来るので、長期的に転職を考えている方も今すぐIT業界にチャレンジしたい方も登録しておいて損はありません!

doda

doda(デューダ)は国内でも最大規模の求人を扱っており、その数は7万件をこえるともいわれています。

資格保有者の場合さらに、非公開案件が解放されることもあるそうで、高難易度の資格を取得できればそれだけ良い求人に巡り合える可能性も高くなります。

現在IT系は人手不足と言われており、未だ資格を取っていない、これから資格を取るつもりだ、という方でもチャンスは早い段階化から広げておく方が良いので、これを機に登録だけしておくのもアリですよ!

転職サイトに掲載されていない【非公開求人】の紹介を受ける方法は?

レバテックキャリア

レバテックキャリアの場合はITに特化したエージェントの為、より一層エンジニアに慣れる可能性が高くなります。

規模こそ小さいエージェントですが、その分一人一人のサポートが手厚く、筆者もお世話になりましたがこのエージェントのおかげで内定を得ることが出来ました。

SPIの対策だったり面接のアドバイスも丁寧にしてもらえるのでそのあたりに苦手意識がある方も安心ですね!

IT・Web業界での転職なら【レバテックキャリア】

まずは職種を知ろう

IT系、エンジニアと一口に言っても職種も多く、あらかじめもう少し絞って細かい知識を持っておく方が望ましいです。

ここではざっとですが、それぞれの職種の紹介と特徴をしてみようと思います。

プログラマ

まずはプログラマと呼ばれる職種で、コードを書いてソフトウェアを作成したりシステムを構築していく仕事になります。

コードと書きましたが、具体的にはプログラミング言語と呼ばれる言語がいくつかあり、どの言語を扱うかによっても出来ることや就職先が分かれて来ることになります。

システムエンジニアと混同されることもありますが、システムエンジニアは全体の設計を担当するのに対してプログラマはシステムエンジニアからの設計図を基にコンピュータに命令を指せる処理を書いていく作業を主に行います。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは主にネットワーク設計や、ネットワーク構築、ネットワークの監視・運用をメインとして行う仕事で、プログラマとは異なり、ルータやIPの仕組みについて知っている必要があります。

社内にネットワークを導入していない会社は現在ほとんどなく、どの会社でも必要とされる存在になる事は間違いありません。

セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアは社内のサーバーや情報セキュリティを保全する役割を担当するエンジニアです。

会社によってはネットワークエンジニアと兼ねる場合もありますが、こちらはインシデント(トラブル)が発生したときに対処するいわゆるコンピュータのお医者さん的な役割も担うことが多いですね。

セキュリティに関する知識を持った人も少なく、あちこちで足りないといった声が上がっているのが現状です。

データベースエンジニア

主にデータベースを管理する仕事を行います。

データベースの構造を知っている必要があり、最近ではリレーショナルデータベースに限定されずNoSQLなどを触るシチュエーションも増えており、常に新しい情報をインプットすることを求められます

ウェブデザイナ

ウェブデザイナの仕事としてはウェブサイトを構築したりデザインを整えたりユーザインタフェースの改善を図ったりといった事をします。

主に触る言語としてはHTMLやCSSといった簡単な言語が多く、加えてJavascriptやphp等も触ることがありますが何よりセンスを問われる仕事でもあるので向き不向きは分かれるかもしれません。

スポンサーリンク

職種別オススメ資格一覧

改めて、ざっとではありますが職種を紹介したので、それぞれの職種に合った資格の中でもメジャーなものを紹介していこうと思います。

プログラマにお勧めの資格

プログラマになりたい方、プログラミングの技術を伸ばしたい方はまずどの言語をやるのか決めましょう。

Cであればすべてのプログラミングの土台を学べるため他の言語にとっつきやすい、Javaであれば求人が多く就職先に困らないなど各言語に長所・短所があるのでその点を踏まえつつ選びましょう。

C言語プログラミング能力認定試験

C言語は1972年に登場したプログラミング言語で、コンピュータの仕組みやプログラミングの根底を学ぶにはうってつけの言語になります。

オンラインゲームを動かしているC++や、今日注目が高まっているjavaもC言語の考え方が元になっています。

古い言語なのでいまさら需要はないのでは?と思われがちですがそんなことありません。C言語の特徴として実装が早いことがあげられ、近年話題のビッグデータやAI、IoTでは膨大なデータを扱うため、むしろ需要が高まっているといえます。

そんなC言語を効率よく学ぶ、客観的に実力を示す。それにうってつけの資格がC言語プログラミング能力認定試験になります。

開催日 6月第3日曜日
9月第2日曜日
1月第4日曜日
費用 7,600円(1級)
6,200円(2級)
5,100円(3級)
合格基準 60%以上
求人数 650件(C言語プログラマ)
主催者サイト https://www.sikaku.gr.jp/js/cp

java SE8

javaは現在最も多く使われている言語で、需要も高く求人数もかなり多くなっています。

そのためjava言語が扱えることを客観的に示せれば転職時にもアピールポイントとなります。

javaを扱う資格として有名どころはjava SE8があり、こちらはオラクル社が主催となっています。

資格の難易度としてはBronze、Silver、Goldとあり、Bronzeであれば初学者からでも意外と簡単に取得が狙えます

開催日 任意
費用
26,600円(Gold)
26,600円(Silver)
13,600円(Bronze)
合格基準 65%(Gold,Silver)
60%(Bronze)
求人数 2,700件(java言語プログラマ)
主催者サイト http://www.oracle.com/jp/education/certification/jse8-2489021-ja.html

LPIC

Linuxは主にサーバに用いるOSで、ロボットや家電などの組み込み、インターネット通信機器、Webアプリなど幅広く使われており、日系企業の約70%はLinuxを導入しています。

速度が速く、スペックの低いコンピュータ上でも動かすことが可能で無料かつサポートもされているのでLinuxを好むユーザがいるのも頷けます。

LPICはそのLinuxを扱えるかどうかを問う資格で、システム管理の基本から始まりサーバ構築、ドメインコントローラ構築など幅広く問われる資格になっています。

資格自体が世界標準になっており、情報系の資格の中でも8年間通して取得したい資格No.1となっています。

開催日 任意
費用 15,750円(LPIC-101/102/201/202)
31,500円(LPIC-301(Core))
21,000円(LPIC-302/303/304)
合格基準 約7割
求人数 1,400件(Linux系エンジニア)
主催者サイト https://lpicj.org/

ネットワークエンジニア向けの資格

近年IoTやクラウドサービスの普及によりいっそう需要が高まったネットワークエンジニアと相性の良い試験になります。

プログラミングとはまた考え方が違い苦手意識を持つ方もいらっしゃいますが、ネットワーク系のスキルはどこでも重宝され、セキュリティとの関連も大きいので手に職つけたい場合は勉強しておいて損はありません。

シスコ技術者検定試験

シスコ技術者検定試験はシスコが販売しているネットワーク機器をどれだけ使いこなせるかといった指標になる試験で、未経験でネットワーク関連の職に応募するとこの資格を持っているか問われることがあります

段階が5段階に分かれており、それぞれ扱う分野も異なります。未経験者であるならCCENTかCCNAあたりを狙いましょう。

開催日 任意
費用 380,000円(CCAr)
259,200円(CCIE)
90,000円(CCNP)
35,400円(CCNA)
16,065円(CCENT)
合格基準 約8割
求人数 240件
主催者サイト https://www.cisco.com/c/ja_jp/training-events/training-certifications/certifications.html

ネットワークスペシャリスト

ネットワークスペシャリストはIPAが主催する情報処理技術者試験のレベル4に位置する高難易度試験で、ネットワーク系唯一の国家資格になります。

シスコ技術者検定試験がシスコの製品限定だったのに対し、ネットワークスペシャリストはもっと根本的かつ汎用的なネットワークの知識を学ぶことができます。

知名度もかなり高く、難易度こそ高いものの取得できれば大きな武器になることは間違いありません。

開催日 10月第3日曜日
費用 5,700円
合格基準 午前1 60%
午前2 60%
午後1 60%
午後2 60%
求人数 60件
主催者サイト https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/nw.html

セキュリティエンジニア向けの資格

年々増え続けるサイバー攻撃に対処するため国が力を入れている分野がセキュリティです。

セキュリティも人材不足といわれ、資格取得することでセキュリティ関連の職につきやすくなることが期待できます。

情報セキュリティマネジメント試験

情報セキュリティマネジメントは2016年に実施されたばかりの新しい資格で、情報管理担当者やセキュリティ業務担当者を対象としたマネジメント寄りの資格となっています。

先述のネットワークスペシャリスト同様、IPAが主催する国家資格でスキルフレームワークではレベル2とされているので情報系資格で有名な基本情報技術者試験とほぼ同等の技術レベルがあるとされています。

開催日 4月第3日曜日
10月第3日曜日
費用 5,700円
合格基準 午前 60%
午後 60%
求人数 50件
主催者サイト https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/sg.html

情報処理安全確保支援士

情報処理安全確保支援士は情報セキュリティスペシャリストから名前を変更し、登録制となった資格でIT系初の士業ということで注目が高まっている資格になります。

こちらもIPA主催ですが、情報セキュリティマネジメント試験がマネジメント寄りの試験であることに対し、情報処理安全確保支援士は技術よりの試験といわれています。

そのためネットワークやセキュアプログラミングの知識も必要になり、分野をまたいで勉強する必要が出てきます。その分メリットも大きい資格なので、狙える場合は積極的に狙いましょう。

開催日 4月第3日曜日
10月第3日曜日
費用 5,700円
合格基準 午前1 60%
午前2 60%
午後1 60%
午後2 60%
求人数 30件
主催者サイト https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/sc.html

このほかにもセキュリティ関係の資格を記載した記事があるので興味がある方は合わせてご覧ください。

データベースエンジニア向けの資格

データベース系の資格はSQLやRDB(関係データベース)を学ぶ試験が多いです。最近データベースエンジニアの需要自体は減りつつありますが、アプリやインフラを扱う際にデータベースの知識は必要不可欠です。

なので、他のプログラミング言語やネットワークと掛け合わせてスキルを取得できるとかなり需要が出てくる資格になります。

オラクルマスター

オラクルマスターはオラクル社が主催の試験で、ベンダー試験の中ではメジャーな資格になります。

概要としてはオラクルDBの管理に関係するものやDBを操作するための言語であるSQLをとわれ、受験者の目的別にDB管理者向け、アプリケーションサーバ向け、開発者向けと選択肢が3つあり、取得した資格の組み合わせによって認定が変わってきます。

開催日 任意
費用 231,000円(Platinum)※認定にはGold資格が必要
22,260円(Gold)※認定にはSilver資格が必要
22,260円(Silver)※認定にはBronze資格が必要
14,280円+22,260円(Bronze)
合格基準 非公開
求人数 6件
主催者サイト http://www.oracle.com/jp/education/index-172250-ja.html

データベーススペシャリスト

データベーススペシャリストはデータベースの開発・運用・保守・管理を専門的にできることを示す資格でこちらもIPA主催の国家資格になります。

合格率自体は15%と、他のスペシャリストの試験より2~3%高いイメージですがSQLやキュー、RDBの理解をしなければならず、幅広い知識が必要となってくるので一筋縄ではいきません。

取得してもガッキーと結婚できるわけではないので悪しからず。

開催日 4月第3日曜日
費用 5,700円
合格基準 午前1 60%
午前2 60%
午後1 60%
午後2 60%
求人数 55件
主催者サイト https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/db.html

ウェブデザイナ向けの資格

HTMLやJavascript、PHPなどのウェブ言語がメインになります。

最近流行のブロガーやアフィリエイターにも相性がよく、独立してブログ一本で食っていくんだ!という方は身に着けておいて損のないスキルがそろっています。

SEO、記事作成の効率化、見栄えのよさetcを学べます。

ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定試験はHTMLやCSS、Javascriptといった基礎的なweb言語に加え、アニメーションやバナーの作り方を学ぶことが可能な資格です。

最近では個人でもかなり質の高いサイトを作る方が多く、フリーランスとしてweb製作を行っている方も多く見受けられます。その取っ掛かりとしてこの資格は難易度も高すぎず、コスパも良いのでおすすめできます。

ちなみに国家資格です。

開催日 5月第4日曜日
8月第4日曜日
11月第4日曜日
2月第4日曜日
費用 7,000円(学科) + 25,000円(実技) 1級
6,000円(学科) + 12,500円(実技35歳以上)、7,000円(実技35歳未満) 2級
5,000円(学科) + 5,000円(実技35歳以上)、3,000円(実技35歳未満) 3級
合格基準 70%
求人数 20件(ウェブデザイナ)
6,000件(HTML)
主催者サイト http://www.webdesign.gr.jp/

PHP技術者認定試験

PHPはweb言語の中でもダントツでシェアを伸ばしており、求人数もかなり多い言語になります。

そんなPHPの能力を客観的に示したり、段階的に実力をつけたりするために存在する資格がPHP技術者認定試験になります。

このサイトでも使用していますが、CMSとしてかなりの人気を誇っているWordPressでもPHPが使えると記事を書く時の効率化や面白い動作を加えられるので、サイト運営者にもおすすめの資格です。

開催日 任意
費用 15,000円 上級
12,000円 初級
合格基準 70% (準認定50%)
求人数 1,500件
主催者サイト https://www.phpexam.jp/

幅広く学びたい方・IT系未経験者向け資格

そもそもIT系にどんな職種があるかわからない、どんな業界かすらわからない。そういった方は幅広い知識が得られる試験でどのような職種があり、どのようなスキルがいま求められているかを勉強しましょう。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験はITに関する知識を幅広く習得でき、今どきのIT事情がどのようなものかを体系的に理解することができる試験です。

必修としてプログラミングがあり、苦手な方はネックになりますがこれからプログラマになりたい、IT業界に携わってみたいと言った駆け出しの方には是非受けて頂きたい試験になります。

開催日 4月第3日曜日
10月第3日曜日
費用 5,700円
合格基準 午前60%
午後60%
求人数 210件
主催者サイト https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/fe.html

応用情報技術者試験

基本情報技術者試験の上位に位置し、取得することで高度なスキルと知識を証明できる資格です。

一見名前からも基本情報より難しいと思われがちですが、プログラミングを避けられる点や読解力があれば知識が無くても問題を解ける点から、人によってはとっかかりやすいとの声も聴きます。

費用や開催日は基本情報と同じなので、自分がエンジニアよりマネジメント向けだと思う方は応用情報技術者試験から入ってみましょう。

開催日 4月第3日曜日
10月第3日曜日
費用 5,700円
合格基準 午前60%
午後60%
求人数 180件
主催者サイト https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/ap.html

中小企業診断士

中小企業診断士は経営に関する資格ですが、今日IT化が進みシステムに関する知識を要する場面が多くなっています。

実際に受験科目の中にもシステムに関する問題があり、応用情報や上位資格を取得することで免除することも可能となっています。

この先技術が発展しても、それを扱う経営者視点の考え・知識が不要になることは無いので取得できればかなりの武器になると言えます。

開催日 8月第1土曜日・日曜日 (1次)
10月第3日曜日 (2次)
費用 13,000円 1次
17,200円 2次
合格基準 60% (1科目でも40%以下で不合格)
求人数 100件
主催者サイト https://www.j-smeca.jp/contents/007_shiken.html

IT系のおすすめ資格のまとめ

一通りIT系の資格をご紹介させていただきました。

ただ、手あたり次第受けるのではなく、将来どのような仕事に就きたいかを考え、そのステップとして取るべきなのでしっかりビジョンを立てて受験していきましょう。

また、今回は求人数を転職大手エージェントのDODAから参考にして記載しております。

既にまとめているリスト内の資格を持っていたり、新たに取得したりできた場合は転職の可能性がぐっと増えるので、無料会員登録しておいて準備だけしておくのもアリですよ!

↓↓↓コスパ最強!筆者イチオシの通信講座↓↓↓
オンライン資格講座 スタディング
詳細はコチラ
スポンサーリンク