[FP3級]取得するメリットは?役に立つ場面を現役ファイナンシャルプランナーが語る!!

2019年11月12日

↓↓↓コスパ最強!筆者イチオシの通信講座↓↓↓
オンライン資格講座 スタディング
詳細はコチラ

FP3級はお金に関する知識を得られる国家資格で年間10万人近くが受験されている人気資格になります。

知名度が高いだけに名前は聞いたことがある・・・という方も多いのではないでしょうか。

実はこのファイナンシャルプランナーは資格を取得していなくても肩書として名乗ることはできます。

そこで今回は、あえてこのファイナンシャルプランナー3級を取得することで得られるメリットは何なのかを紹介していこうと思います。

また、そのメリットを得るために必要なこと、どんな方に向いているかも合わせて書いていこうかなと思います。

FP3級のメリット

お金の知識を学べる

資格にファイナンシャル(財政上の)とつくだけあり、お金についての知識を学ぶことが出来ます。

FP3級で学習する単元は以下のようになっており、いかにも今後の人生においてかかわってきそうなラインナップになっています。

  1. ライフプランニングと資金計画
  2. リスクマネジメント
  3. 金融資産運用
  4. タックスプランニング
  5. 不動産
  6. 相続・事業継承

それぞれ具体的にどのような場面で役に立つか掘り下げてみて行きましょう。

1.ライフプランニングと資産計画

ライフプランニングと資産計画では、具体的に年金の繰り下げ需給や繰り上げ需給、社会保険や公的年金の仕組みや受給条件などに付いて学ぶことが出来ます。

今後貰えるのかどうか危ぶまれている年金ですが、どういった仕組みになっていて、どのように払っておけば保証されるかといったことも学ぶことが出来ます。

2.リスクマネジメント

リスクマネジメントでは保険に関することを学ぶことが出来ます。

生命保険や医療保険はほとんどの方が加入されていると思いますが、賠償責任保険に関しても車を今後購入する場合は前提知識として押さえて置くとどのような補償が受けられるのか、どの範囲まで保証してもらえるかを知ることが出来て役に立ちます

3.金融資産運用

金融資産運用ではその名の通り、資産運用について学ぶことが出来ます。

外貨建ての株取引だったり、投資信託の手続きだったり、また、それで得られた利益の税金計算の手法も学びます。

全員が全員必須といったわけではありませんが、今後投資活動を通してお金を増やしたい方は必要不可欠な知識です。

4.タックスプランニング

タックスプランニングでは所得税の基本や、所得控除、課税計算について学ぶことが出来ます。

サラリーマンとして働いている分においてはさらっと表面をなぞるような知識を得られる程度ですが、個人事業主や副業をしている方にとってはここで学ぶ知識がそのまま役に立ちます

筆者自身もこのサイトで収入を得ていますが、FPを通して学んだ知識が直結しています。

5.不動産

不動産の項目では、不動産の取引や法令、税金などについて掘り下げて学んでいきます。

将来的に不動産業界に就職するつもりがなければあまり関与しない分野ではありますが、一生に一度の家という大きな買い物をする際には住宅ローンの知識などがあると自分のプランに合ったものを選びやすくなるので有利になります。

6.相続・事業継承

相続・事業継承では、相続時の資産の評価額算定や、相続に関する手続きをします。

自分が相続人になる場合も被相続人になる場合もこの知識はあった方がよく、特に借金があった場合に放棄の手段や手続きを知っているとそれだけでも損をしなくて済むので万が一のために備えておくと良いですね。

転職に有利

次に、転職においてかなり有利になるという点です。

国家資格で国からのお墨付きがもらえるファイナンシャルプランナー3級は知名度が高いだけに企業からのオファーも多く、特にお金を扱う業界や部門では持っていることが前提条件というところもあります。

FPの転職事情に関する記事や求人数・向いている仕事を調べてまとめた記事もあるので、どれくらい有利なのか知りたい方は読んでみてください。

FP2級の受験資格が得られる

FP3級の上位資格としてFP2級なるものがあり、この資格を受験するにはFP3級の資格を取得している必要があります。

FP2級は3級の上位に位置しているだけあり評価も高く、難易度もそこそこあることから価値のある資格として広く認知されています。

FP3級を飛ばして2級だけ取得する!というのは不可能なためあらかじめFP3級を取得していることは2級を取得する上でも大きなメリットとなってきますね。

独立する人も

FPを通して得られる知識は個人の役に立つ知識なので、コンサルタントやアドバイザーとして顧客をもって独立している方も筆者の周辺で何人か知っています。

独立するとなるとFPの資格だけでなくさらに専門的な知識や営業力なども必要となってきますが、いずれにしてもFPの知識を持っていることは前提条件になるので資格がなければ始まりませんね。

スポンサーリンク

FP3級はどんな人に向いている?

FP3級に向いている方はどんな人なんでしょうか。こちらも掘り下げてみてみましょう。

金融・保険に興味がある人

FPの資格が活きる業界は金融業界や保険業界、不動産業界が挙げられます。

主に営業がメインになりますが、どのプランを選ぶとどのような恩恵が得られるかを説明し納得してもらうスキルが必要になってくる一方で売れれば大きく稼げる分野でもあります。

主婦(夫)

主婦(夫)の方で、家の家計を管理している、という方もお金の知識があると節約だったり投資で着実に稼ぐ方法を身に着けて家計の足しにすることが出来るようになります。

また、いくら稼ぎがあったら税金はどれくらい払わないといけないといった知識もつくので節税に繋げることもできます。

お金が好きな人

全員ですね。

お金の流れや仕組み、価値の測り方などもFP経由で得ることが出来て、将来的に資産を形成するために今どのようなプランを組んで運用していけばよいかもわかります。

お金はいくらあっても困ることはないので、早いうちから無駄遣いせず、適切な運用を行えるように知識はつけておきたいですね!

FP3級を取得するために

FP3級の合格率は毎回7~80%と高い水準ですが取得したいと考えた場合はしっかりと対策する必要があります。

FPを知ろう

FPの試験傾向はどのような物か、どんな内容が出題されるのかと言った情報や、FP3級の参考書はどうするといった情報をまとめた記事があるので、まずはそちらでFPの概要を把握することも大切です。

勉強方法をしっかりと把握する

いざ勉強しようと一念発起してもしっかりとプランを立てて正しい勉強方法を重ねていかなければ点数も伸び悩み中々合格できません

筆者が実際に勉強した際にどのような点に気を付けたか、どのような勉強をしたかをまとめた記事もあるので、併せてご覧ください。

FP3級のメリットまとめ

お金は非常に大切です。

仕事に活かせるから、転職のためと言った理由でFP3級を狙うのももっともですが、それ以外の普段の生活でも役に立つ知識が得られるので自分にも関係あるかも!と思って取得しておくと今後の将来で役に立つことは断言できます。

時間やコストもそこまでかからないので、興味を持った方は是非チャレンジしてみてください!

スポンサーリンク








FP3級

Posted by TS