色彩検定3級とはどんな資格?日程や形式、合格後の進路など

↓↓↓コスパ最強!筆者イチオシの通信講座↓↓↓
オンライン資格講座 スタディング
詳細はコチラ

色彩検定3級とは配色のルールや組み合わせを学習し店の配色やポスター等のデザインに役立たせることができる文部科学省後援の公的資格になります。

年間2万人ほどの方が受験する人気資格で、近年では、ファッション、インテリア、グラフィック等のいわゆるデザイナーと呼ばれる人達から、販売、企画、事務といった職種の人達をはじめ一般社会人にも幅広く受け入れられています。

サイト内リンク

個別記事

参考書や勉強法などの情報を個別に書いている記事へのリンクです。


勉強方法

難易度

テキスト

求人情報

勉強時間

合格率

スクール

メリット

掲示板

過去問題や参考書等試験について分からないところがあれば下記の掲示板も利用してみてください。

また、参考書的役割を果たす独学支援サイトも随時作成中なのでご活用ください。

Googleアカウントでログインすることで進捗管理も可能です。


掲示板

独学支援
スポンサーリンク

色彩検定3級の難易度

色彩検定3級の難易度についてまとめていきます。

難易度について

3級の難易度としては初めて色を学ぶ方向けであり光と色、色の分類と三属性、色彩心理、色彩調和、色彩効果、ファッション、インテリア等多岐にわたる内容を学習します。

そのため広範囲で難しいと思われがちですが、出るポイントは決まっているので対策が容易でしっかり勉強すれば余裕で合格できるレベルと言えます。

合格点

合格点は変動制で毎回何点以上といった明確な指標はありませんが、大体70%前後とされています。問題の難易度により多少変動します。

合格率

合格率は大体75%前後で直近の試験では74.9%といった値になっています。

4人に3人は合格できるので受かる試験だということがわかります。

勉強時間

勉強時間は1日1時間として大体1ヵ月、30時間ほど確保できれば問題なく合格できます。

色彩検定3級の日程

色彩検定3級の日程についてまとめて行きます。

申込日

申込日は3月の下旬~5月中旬と8月下旬~10月上旬となっています。

試験日

試験日は年に2回、6月と11月に行われます。

日程は年によって異なりますが、大体第1日曜日か第2日曜日です。

合格発表日

合格発表はそれぞれ7月の下旬、12月の下旬となっています。

その他の情報

その他、試験に関する情報をまとめて行きます。

試験形式

試験はすべてマークシートになります。

受験料

3級の受験料は7,000円です。3級でも高額なので1発で合格したいです。

主催者サイト

色彩検定3級の主催者サイトは以下になります。

申し込み方法などもこちらに書かれているので受験予定の方はしっかりと熟読しましょう。

資格取得後は

資格取得後どのようなキャリアを歩めるのか、どういったところで役に立てるのかも気になるところだと思うのでまとめて行きます。

ファッション、インテリア業界

色彩検定が生きてくる業界として真っ先に思い浮かぶのがファッション業界やインテリア業界となります。個人に合ったカラーコーディネートをアドバイスしたりファッションやメイクに関して顧客へ適切なアドバイスをできるなど様々な働き方が可能です。

これらの仕事は資格がなくても着くことはできますが、特に有資格者の場合客観的に知識や実力があることを示すことができるため信頼性も上がり強い武器になります。

一般企業の広報や企画でも

ファッション業界やインテリア業界にとどまらず、事務部門をはじめとする広報や企画職でもその知識を活かすことができます

例えばウェブサイトやポスターを作るときにどのような配色にすれば人が寄り付きやすくなるか、特定の文字や文章を目立たせるかといった事もわかってきます。

事務職でカラーコーディネートを持っている方は少なく、こういったアピールができると就職でも有利に働くことは間違いないです。

CCは希少職!

カラーコーディネータは現在そこまで多い職業でなく基盤が固まっていません。そのためこうすれば成功する!といった道しるべこそないもののまだまだブルーオーシャンなので今後さらに仕事が多様化していくことを考えると可能性は無限大と言えますね!

まとめ

今回は色彩検定3級に関する情報をまとめました。

この記事で色彩検定3級に興味を持った方は是非、受験してみましょう。

また、勉強途中でわからないことなどがありましたら、掲示板を通して質問してみてください。

スポンサーリンク








色彩検定3級

Posted by TS