危険物取扱者とはどんな資格?試験日や難易度、勉強時間や合格率など

↓↓↓コスパ最強!筆者イチオシの通信講座↓↓↓
オンライン資格講座 スタディング
詳細はコチラ

危険物取扱者は乙種1~6類と甲種に分かれ、年間30万人越えが受験する超人気資格になっています。

工場や現場であると有利な資格で、資格取得がダイレクトに昇給に反映されやすいこともあってこれほどの受験者数になっていると言えます。

サイト内リンク

個別記事

参考書や勉強法などの情報を個別に書いている記事へのリンクです。


勉強方法

難易度

テキスト

求人情報

勉強時間

合格率

スクール

メリット

掲示板・独学支援サイト

過去問題や参考書等試験について分からないところがあれば下記の掲示板で共有しましょう。

また、参考書的役割を果たす独学支援サイトも随時作成中なのでご活用ください。

Googleアカウントでログインすることで進捗管理も可能です。


掲示板

独学支援
スポンサーリンク

危険物取扱者の難易度

危険物取扱者の難易度についてまとめていきます。

難易度について

危険物取扱者は甲種と乙種1~6類に分かれますが、甲種が大体偏差値55くらいの中程度の難易度、乙各種は45前後の簡単なレベルとされています。

合格点

合格点は各種6割以上とされています。

一番メジャーな乙4であれば「法令」「物理化学」「性質・火災予防・消火」のそれぞれ60%以上必要なので苦手分野をいかに残さないかが大切になってきますね。

平均合格率

平均合格率は人気の高い甲種と乙種4類が大体30%程、乙種のその他が60%程とされています。

乙種4類はガソリンやエタノール、灯油や軽油といった生活に身近なものを扱うことが可能で人気が高く、企業側もよく受けさせる傾向があるため、あまりやる気のない受験者や強制的に受けさせられた受験者も増え、層の幅が広くなり、乙種の他の種類よりも受ける人数が増えてしまうため必然的に合格率が下がっています。

そのため乙種の中でも4類が特化して難しいといったわけではありません。

勉強時間

勉強時間は乙種であれば各50時間ほど、甲種であれば100~150時間ほどが目安です。

勿論、この勉強時間は工場などでの実務経験があるかどうか、理系大学や高校で化学の勉強をしたかどうかでも大きく変わってきます。

危険物取扱者の日程

危険物取扱者の試験の日程についてまとめていきます。

申込日・試験日

申込日及び試験日は都道府県によって異なるので公式ページから確認する必要があります。

地域にもよりますが、結構頻繁に行われているので都合の良いタイミングで受講しましょう!

合格発表日

合格発表日も各都道府県によって異なりますが、受験地でその都度告知されることになるので把握することは容易です。

また、合格基準もしっかりとしているので、マークミスなどを除けば試験後すぐに合否判断をすることも可能です。

その他の情報

その他の試験の情報もまとめていきます。

受験形式

受験形式としてはマークシートで選択肢形式になります。

また、乙種に関しては同時に複数受験も可能ですが、これも自治体により差があるようなのであらかじめ確認しておくことが望ましいです。

受験料

受験料は以下の通りです。

種類 金額
危険物取扱者 甲種 5,000円
危険物取扱者 乙種 各3,400円
危険物取扱者 丙種 2,700円

主催者サイト

主催者サイトは以下の通りです。

資格取得後は

危険物取扱者の資格を取得した後はどのような場で活躍できるかをまとめていきます。

工場

一つ目は化学工場や石油プラントといった職場に危険物を大量に保管している企業で活かせます。

筆者も化学工場に在籍していた経験がありますが、経理職であってもいざという時の為に危険物を取得するように推奨されていました。

また、各種取得する度に報奨金が出たり昇給したりといったメリットもあるので比較的早い段階で取得したいですね。

ガソリンスタンド

街中に絶対あると言えるガソリンスタンドでも危険物取扱者の資格は活きてきます。

24時間稼働しているようなところでは深夜手当や休出手当もあり平日の昼に働くよりも大きく稼げる手段もあるのでガッツリ稼ぎたい!という方にもおすすめできる資格です。

まとめ

今回は危険物取扱者に関する情報をまとめました。

この記事で危険物取扱者に興味を持った方は是非、受験してみましょう。

また、勉強途中で分からないことなどがありましたら、掲示板を通して質問してみてください。

スポンサーリンク